メイドインアビスのリコは狂ってるしサイコパス?左腕(左手)切断の経緯も

メイドインアビス

『メイドインアビス』の主人公・リコは、金髪のツインテールにメガネをかけたかわいらしい少女です。

しかしそんな見た目とは裏腹に、リコは度々「狂ってる」「サイコパスなのでは?」と感じさせてくれるような驚きの行動に出ていますね。

この記事では、『メイドインアビス』のリコは狂ってるしサイコパスと言われる理由をまとめて、左腕(左手)切断の経緯についてもネタバレで解説していきます!

メイドインアビスのもっと詳しい情報はこちら↓から!

『メイドインアビス』の記事一覧

【メイドインアビス】主人公・リコとは?

まずは『メイドインアビス』の主人公・リコについて解説していきます!

リコの基本情報

リコのプロフィール

名前:リコ
性別:女性
年齢:12歳
笛:赤笛

リコは『メイドインアビス』の主人公の少女です。

好奇心旺盛で活発な性格をしていて、暮らしているベルチェロ孤児院では赤笛(探窟家見習い)として探窟の勉強や仕事をしています。

白笛になりアビスの底にいくことを夢見ていて探窟には非常に積極的ですが、探窟した遺物をちょろまかすことも度々あり過去には伝統的なお仕置き方法の裸吊りをされた経験もあるほどです。

今までに世に出回ったことのある遺物のリストである遺物目録を全て暗記しているなどアビスの探窟に関する知識は豊富で、冒険に関しては頭の回転も早く柔軟な発想力ももっているため探窟家はリコの天職ともいえます。

料理が非常に得意で原生生物がひしめくアビスでも様々な材料から知識を生かした美味しい料理を作ってレグやナナチを喜ばせますが、どんな料理にも興味を持つため他人が忘れていった食べ物や腐ったような虫のたかったやばい料理なども口にしては腹痛を起こすのは毎度のことです。

リコの母親・父親について

リコの母親はライザという名前の人物です。

ライザは探窟家の頂点である白笛のひとりであり「殲滅卿」(せんめつきょう)「殲滅のライザ」の二つ名をもっていて、伝説級の白笛といわれています。

ロングの金髪に青い瞳と美しい容姿の持ち主でしたが、男勝りな性格で非常に行動的でした。

深界六層に突入する絶界行(ラストダイブ)を決行しているため地上では死亡扱いになっており、実際の生死については不明です。

リコの父親はトーカという名前の人物で、ライザの探窟隊メンバーのひとりの黒笛でした。

リコと同じ緑色の瞳に優しい印象のおとなしそうな人物でしたが、アビスの深界四層での探窟中に死亡しています。

リコの出生の秘密

リコは母親であるライザがアビス深界四層の探窟中に死産で生まれました。

ライザからリコを取り上げたのはオーゼンで、オーゼンは死亡していたリコを「呪い除けの籠」(のろいよけのかご)という遺物に入れたのです。

すると呪い除けの籠からリコの泣き声が聞こえてきて、そのまま地上へ戻るとリコは蘇っていたものの目はアビスの呪いである上昇負荷が原因で変質して、ものを見る際に水晶板を通さなければ頭痛にさいなまれるようになってしまいました。

リコのメガネはその頭痛を避けるためにかけているのであって間が悪いからではありませんでしたが、リコ自身はメガネの理由をジルオから真実を打ち明けられるまで全く知らなかったのです。

リコの出生に関する詳しい情報や呪い除けの籠の効果については、こちら↓の記事をご覧ください!

【メイドインアビス】リコは狂ってるしサイコパス?

ここからは、『メイドインアビス』のリコは狂ってるしサイコパスなのかについてネタバレで解説していきます!

狂ってるしサイコパスといわれる理由

リコが狂ってるしサイコパスだといわれている理由は、リコのこれまでの行動が関係しています。

見た目だけであればツインテールのメガネっ娘で狂ってるサイコパスには全く見えません。

しかし見た目に反してリコのこれまでの行動は、「狂ってる」「サイコパス」としか考えられないような飛び抜けたものが多く毎回驚かせてくれますよね。

理由の詳細については後述していきます。

リコは地上にいた時から狂ってる

そもそもリコはアビスに潜る前、地上で生活していた時から狂っていました。

リコの狂ってる行動についてまとめていきます。

  • 拾い食いからの腹痛
  • 遺物の窃盗
  • レグに対する実験と観察

とにかくリコは好奇心旺盛で、興味をもった時にその衝動を抑えることができません。

他人が忘れていった食べ物を発見した際には必ず拾ってどんな味がするのか確かめずにはいられず、外国の人が持ってきた食べ物は食べてはいけないと言われているにもかかわらず、一生食べられないかもしれないから「食べないと損」という理由で食べてしまい度々お腹を壊します。

また探窟の仕事中に発掘した遺物は孤児院の運営資金の大切な収入源であるため必ず全て納めることになっていますが、リコはこれまで懲りずに何度も発掘した遺物の窃盗をして裸吊りを含む様々なお仕置きを受けているうえ、これまでの悪行が原因で拷問部屋のような元お仕置き部屋で生活していたのです。

レグに関してはレグの意識がない状態で電気ショックをかけたり、体中を丁寧に調べ上げたりとレグの羞恥心を伴うデリケートな部分までも観察していました。

リコはアビス潜入以前の行動からみても、狂ってるといわれても否定できないのではないでしょうか。

リコのサイコパスな行動まとめ

アビスの深層に入ってからはどんどんリコの中のサイコパスな部分が明らかとなっていきました。

リコのサイコパスな行動についてまとめていきます。

  • 左腕の切断
  • どんな場面でもブレない適応能力
  • プルシュカ死亡からの切り替えの速さ

どちらかというとリコの精神面の強さ、鋼のメンタルといわれている部分がサイコパスといわれている理由に大きく関係しています。

作中ではリコの左腕が毒に侵されてリコ自身が左腕切断という大きな決断をしたり、悲しみのあまり泣いていても泣きながら食事をするようなブレない適応能力、プルシュカ死亡から白笛発見しての切り替えの速さななど、どれも気になる部分ではありますね。

そこがリコの良い部分でもありリコがそんな感じだからこそ『メイドインアビス』の物語が面白いわけですが、ファンの間で特にリコがサイコパスだといわれているのがリコが自身の左腕の切断をレグに依頼するシーンです。

12歳の少女が危機的状況だからといって、自身の左腕を切断を決意するに至った経緯とはどんなものだったのでしょうか?

【メイドインアビス】リコの左腕(左手)切断の経緯

ここからは、『メイドインアビス』のリコの左腕(左手)切断の経緯についてネタバレで解説していきます。

リコの左腕切断はタマウガチの毒のせい

リコの左腕(左手)切断は、タマウガチの毒に侵されたせいです。

タマウガチの毒を左腕に受けてしまったリコは、自分の命を守るために全身に毒が回る前に左腕を切断することを決断してそれをレグに依頼します。

しかも以前に黒笛から聞いていた話をもとに、切断する前に骨を折っておく必要があることをレグに伝えてレグは実際にリコの左腕を折ってから切断しようとしました。

リコのこの行動は探窟家では常識とされている正しい行動でしたが、12歳の少女がした決断としてはサイコパスといわれても仕方がないかもしれません。

さらにリコは命が危険にさらされている状況の中でその後に探窟家としてできることの幅を広げるために肘から先を残して切断するという選択をしていたのです。

リコは左腕をたとえ切断してもアビスの冒険を続けるつもりでいたのでした。

リコを左腕切断に至らせたタマウガチとは?

リコを左腕切断に至らせたタマウガチとは、アビスの深界四層・剣山カズラに生息する大型の猛獣です。

体中に生えている針には強力な致死毒を持っていて、顔にある5つの穴は力場を読む感覚器官でありその器官のおかげで予知能力のような鋭い勘の良さを利用して相手の行動を先回りしてくるため、出会ってしまうと普通は倒すことも逃げることもかなり難しくなります。

足場の悪い水上でも瞬発力は衰えることがなく、どんな鳥獣や人間に対しても致命的な損傷を与えることが可能で深界四層においてはもはや無敵の生物といえる存在です。

タマウガチの性格は非常に獰猛で、これまでに100人以上の探窟家が命を落としたり手足を切断するなどの被害を受けています。

リコの左腕切断はナナチが回復させた

リコの左腕切断はナナチが回復させました。

レグはリコの指示通りにリコの左を切断するつもりでいましたが、切断してしまう前に登場したナナチに助けられます。

ナナチは見ず知らずのリコとレグを住処へと案内し、そこでリコの左腕の治療を行いました。

リコの腕は元通りには戻りませんでしたが、切断を途中で止めたことで左腕はつながり左でも補助具を使用すればある程度まで使えるほどに回復したのです。

左腕(左手)切断シーンは漫画原作3巻19話・アニメ10話

リコの左腕(左手)切断シーンは漫画原作3巻19話、アニメ10話で描かれています。

漫画原作では3巻・18話にリコとレグがタマウガチと遭遇、19話でリコが毒の攻撃を受けて左腕切断とナナチ登場まで。

アニメでは10話でリコとレグがタマウガチと遭遇したシーンからリコの左腕切断とナナチとの出会いまでが描かれていますので、そのシーンを見たいという方は上記を参考に原作漫画やアニメ1期を見てみてくださいね。

『メイドインアビス』の漫画全巻を最安値で読む方法!
  • 『メイドインアビス』の漫画原作を最初から読んでみたい!
  • アニメの続きが気になる!

そんな方におすすめの電子書籍サービスをこちら↓でご紹介しています!

<<『メイドインアビス』の漫画全巻を最安値で読む方法!>>

おすすめは「好きなマンガどれでも100冊まで40%OFF」クーポンがもらえるAmebaマンガです!

<今すぐ最安値で読む場合はこちら!>

まとめ

この記事では、『メイドインアビス』のリコは狂ってるしサイコパスと言われる理由をまとめて、左腕(左手)切断の経緯についてもネタバレで解説してきました。

  • 狂ってるしサイコパスといわれる理由はリコのこれまでの行動が関係している。
  • リコは地上にいた時から拾い食いからの腹痛、遺物の窃盗、レグに対する実験と観察などの狂ってる行動をとっていた。
  • リコがサイコパスといわれているのは左腕の切断、どんな場面でもブレない適応能力、プルシュカ死亡からの切り替えの速さなど鋼のメンタルといわれている部分に関係している。
  • 特にリコがサイコパスといわれているのがリコが自身の左腕の切断をレグに依頼するシーン。
  • リコの左腕(左手)切断はタマウガチの毒に侵されたせい。
  • リコの左腕切断は自分の命を守るため。
  • リコは左腕切断後もアビスの冒険を続けるつもりでいた。
  • 左腕(左手)切断シーンは漫画原作3巻19話・アニメ10話。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント