メイドインアビス成れ果て村の住人キャラ一覧!言葉の意味も解説

メイドインアビス

深界六層の還らずの都に到着したリコたちが、盗まれたプルシュカの白笛の匂いを追ってたどり着いたのが成れ果て村(なれはてむら)でした。

成れ果て村は住人から「イルぶる」と呼ばれ地上とは違う独自の言葉を話し、住人はすべて成れ果てですがどのキャラクターも個性的ですね。

この記事では、『メイドインアビス』の成れ果て村の住人キャラを一覧でまとめて言葉の意味についても解説していきます!

メイドインアビスのもっと詳しい情報はこちら↓から!

『メイドインアビス』の記事一覧

【メイドインアビス】成れ果て村(イルぶる)について

ますは『メイドインアビス』成れ果て村(イルぶる)について解説していきます!

成れ果て村(イルぶる)の基本情報

成れ果て村は住人から現地の言葉で「イルぶる」と呼ばれています。

成れ果て村を外側から見ると塔のような巨大な建物のようにも生き物の死骸のようにも見える不思議な形をしており、入り口は膜のようなもので覆われていますが成れ果て村の住人以外の者は自由に出入りすることが可能です。

成れ果て村の内部には力場が存在していないため、成れ果て村の中では深界六層の強い上昇負荷の影響を受けることはありません。

たくさんの住人が暮らしていますが住人が入口を通って成れ果て村の外に出ることはできないものの、様々な物が購入できる市場や宿泊施設、食堂などもありきちんと生活が成り立っているようです。

成れ果て村の価値とは?

「価値」とは成れ果て村独自の概念を意味しています。

住人同士が価値をやりとりすることで物を売買するなど価値は生活の一部になっていて、瞬間的なものだけでなく大切にしているもの、好きなこと、得意なことなどの価値があるもの全てで目視できないものも含めて様々な価値が存在しているのです。

その価値には視覚的にわかるようにした呼び名とマークが存在しています。

価値マーク意味
シイ最も低い価値
クウ価値の重なりで、シイの上の価値
グツクウの上の価値
メイ途方もない価値で、グツの上の価値
ハク最も高い価値

成れ果て村ができた経緯

成れ果て村は元人間でできています。

成れ果て村の正体はイルミューイという名前の少女で、住人たちはその昔アビスの奈落に眠る黄金都市を目指していた決死隊ガンジャの生き残りだったのです。

ガンジャ隊はアビスを降下してショウロウの黄金郷と呼ばれる場所へとたどりついたものの、水もどきという水に酷似した謎の生物によって多くの人間が身体を蝕まれて次々と死亡していきました。

イルミューイも例外ではなく症状が進んでいきましたが、願いを叶える卵といわれる遺物の「欲望の揺籃」を使うことでどうにか命をつなぎとめたのです。

最終的に3個の欲望の揺籃を使ったイルミューイは異形の姿へ変貌し言葉も失い、最後には成れ果て村となりそこへ入った人間たちも成れ果てとなって現在も成れ果て村で生活しています。

成れ果て村の住人キャラ一覧まとめ

成れ果て村(イルぶる)の住人キャラ
  • マジカジャ
  • マアア
  • ムーギィ
  • メポポホン
  • 宝石のポリヨーン
  • エンベリーツ
  • シュレカカ
  • サバッサ
  • ミスケソー

成れ果て村には地上の言葉である公用語を理解し話せる者と成れ果て独自の言葉を話す者、それ以外に独自の言葉を話すがその意味を誰も理解できない者が存在していますが、基本的には親切で気のいい住人が多く言葉が通じなくても生活が成り立っているのです。

住人キャラそれぞれの詳細な情報については後述していきます。

【メイドインアビス】成れ果て村の住人キャラを一覧で解説

ここからは、『メイドインアビス』の成れ果て村の住人キャラを一覧で解説していきます。

マジカジャ

マジカジャは5本足のロボットのような姿をした成れ果てです。

リコたちがで最初に出会った村人で、親切な性格をしていて村独自の言葉だけでなく地上と同様の公用語での会話ができるため、成れ果て村に迷い込んだリコ達を案内し村のシステムについて説明するなど非常に良心的なキャラクターです。

見た目はロボットのようですが、これはあくまでも入れ物であり本当の身体は匂い(流体)でできており、普段使用の身体3つと速身体(はやからだ)1つ、寝る時には生きた動物の中にも入りますが他にも様々な身体を持っています。

マアア

マアアは成れ果て村の村人のひとりです。

かわいいぬいぐるみが好きで、リコたちと出会った当初はかわいいメイニャを気に入り乱暴に扱い押しつぶしたことで、リコの「価値」に傷を付けたとして大切にしていた宝物のぬいぐるみと身体の一部を「精算」で持っていかれてしまいました。

見た目はかわいいゆるきゃら的で言葉も「まああ」しか喋らず癒し系な雰囲気を出していますが、後ろ姿は汚いおしりが丸出しとなっていて乾いたうんちを優しくしたみたいな匂いがするというかなり強烈なキャラクターです。

基本的に「まあああ」以外の言葉は話さず、その言葉の意味を理解できる者は成れ果て村の村人の中にもいませんが、「まあああ」で全ての感情を表現します。

リコとメイニャが危険な成れ果てに連れて行かれた際に再登場し、相手をパンチで撃退して助けてからはリコと共に行動するようになりマアアと命名したのはリコです。

ムーギィ

ムーギィは成れ果て村の食堂のおかみさんです。

直立した両生類のような姿の成れ果てで、足と髪が触手になっていいます。

公用語での会話ができるうえに、他の村人と比べるとかなり人間らしさが残っているキャラクターです。

食堂では様々な人と会話をするため様々な言葉を知っていて、世話好きな性格からリコに成れ果て村の言葉を教えてくれました。

欲しい味と香りを言えばどんな料理でも作れるそうで、自在に動く髪の毛にも視覚器がついていて後ろ向きでも料理ができます。

メポポホン

メポポホンは宿屋・ハニースクのご主人です。

かざりの枕を頭につけていつも眠たそうにしている成れ果てで、めったに会話はしません。

メポポホンというのは本当は名前ではなく「居眠りさん」という意味で、名前はリコにも教えてくれなかったため不明です。

ハニースクにいるにょろっとした恋人はメポポホンの恋人で、リコたちの部屋にあったウォシュレット付きトイレは従業員なのだそう。

宝石のポリヨーン

宝石のポリヨーンは成れ果て村の楽器職人です。

リコが盗まれたプルシュカの白笛を正しい形に加工してくれた成れ果てですが、蟹のような身体は工房と一体化しているため移動することはできません。

そのためオオガスミ襲来時にリコにプルシュカの白笛を渡すと、巨大化して立ち向かったもののオオガスミに飲み込まれてしまいました。

エンベリーツ

エンベリーツは四角く平べったい座布団のような身体に長く伸びる無数の手を持ったクラゲのような姿の成れ果てです。

小さな動物に身体を這ってもらうのが大好きで、それ自体が価値となっています。

ヤドネなどの小動物を飼育していて余った動物は価値の交換用に市場に出していますが、言葉を発するシーンはありません。

シュレカカ

シュレカカは、原生生物のような小動物の姿をした成れ果てです。

複数体存在していますが群体でひとりの成れ果てで、見た目は小動物ですが実はとても強くて怖いとされています。

サバッサ

サバッサはひょうたんのような身体から無数の管が通された成れ果てです。

見た目通り自分の身体に管を通すことを価値にしています。

ミスケソー

ミスケソーは身体から無数の刃物のようなものが生えた成れ果てです。

他者の身体を切り裂くことを価値にしているためか、たくさんの刃物を所持しています。

【メイドインアビス】成れ果て村の言葉の意味を一覧で解説

ここからは、『メイドインアビス』の成れ果て村の言葉の意味について一覧で解説していきます!

成れ果て村の食堂のおかみさんであるムーギィいわく、成れ果て村の言葉の意味は動きや名前がいくつもくっついたもので多いとのことです。

成れ果て村の言葉意味
イルぶる「村」が5割、「ゆりかご」が4割、「母」が1割
ハディまえ「ああ」「おっと」や感嘆符を表す
ジャコぷふ「たのむ」が4割、「特別」が3割、「刺激」が3割
~そす語尾に付けると丁寧な言葉になる
メンめぇおいで
コンぼす了解
ミミウちょっと失礼
イェンメェ「ありがとう」が8割
マェン甘めの肯定
ンガム甘めの否定
ケフケフェリどれくらいの価値?
リェゾーチごめんなさい
ファモまたね
サンサイカ行きたい
ラホッスしてほしい、おねがい
成れ果て村の言葉:例文

シュカエイギィツゴッシュソス=私を買うと破産します。

コブチャッキュウジンシーツファッフ=君はロボとふわふわを知っているか?

ラホッチュソスジンシーツファッフ=ロボおよびふわふわを求めています。

簡単な言葉がわかると成れ果て村での会話がかなり理解しやすくなるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

『メイドインアビス』の漫画全巻を最安値で読む方法!
  • 『メイドインアビス』の漫画原作を最初から読んでみたい!
  • アニメの続きが気になる!

そんな方におすすめの電子書籍サービスをこちら↓でご紹介しています!

<<『メイドインアビス』の漫画全巻を最安値で読む方法!>>

おすすめは「好きなマンガどれでも100冊まで40%OFF」クーポンがもらえるAmebaマンガです!

<今すぐ最安値で読む場合はこちら!>

まとめ

この記事では、『メイドインアビス』の成れ果て村の住人キャラをまとめて言葉についても一覧で解説してきました。

  • 成れ果て村は住人からは現地の言葉で「イルぶる」と呼ばれている。
  • 「価値」とは成れ果て村独自の概念を意味していて生活の一部。
  • 成れ果て村は元人間の少女イルミューイだった。
  • 成れ果て村の村人は全員が元人間。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント