朝ドラ・エールの藤堂先生(藤堂清晴)のモデル人物は誰?名言や結婚した妻についても

エール

朝ドラ・エールで主人公である小山裕一の小学校の担任教師として登場した藤堂清晴先生(森山直太朗)は、音楽教育に情熱を傾けていて授業に様々な音楽の勉強を取り入れていたことで、裕一の作曲の才能にいち早く気づきました。

藤堂先生は裕一が大人になってからも相談相手になったり、小学校校歌の作曲を裕一に持ちかけたりと音楽の道を歩むことを応援してくれている重要な人物ですね。

そこで今回は、朝ドラ・エールの藤堂先生(藤堂清晴)のモデル人物は誰なのか、名言や結婚した妻についてもまとめていきます!

朝ドラ・エールの藤堂先生(藤堂清晴)とは誰?

朝ドラ・エールでは裕一の小学生時代に小学校の先生として登場し、その後裕一の担任の先生となり大人になっても裕一に深く関わっている藤堂先生は、裕一のよき理解者でもあります。

藤堂先生が裕一の作曲の才能に気づき、その後も音楽の道を進むことを応援してくれていたことが裕一の音楽人生に大きな影響を与えたことは間違いありません。

エールでは重要人物である藤堂先生を演じた役者さんと、モデル人物についてまとめてみます。

藤堂先生役は森山直太朗(もりやまなおたろう)

藤堂先生役を演じていたのは、シンガーソングライター、作詞家、作曲家、俳優と4つの顔おもつ森山直太朗(もりやまなおたろう)さんです。

名前:森山直太朗(もりやまなおたろう)
生年月日:1976(昭和51)年4月23日
血液型:B型
出身地:東京都
所属事務所:セツナインターナショナル

森山直太朗さんは、母の森山良子さんも歌手でタレント、父はミュージシャンという音楽一家ので育ち自身も音楽家として活動していることで有名ですね。

さすがにプライベートで教師の経験はないようですが、音楽には深く関わっている森山さんですから朝ドラ・エールの藤堂先生役は適任だったのではないでしょうか。

テレビドラマの出演数は少なく、今回のエールが3作目の出演で朝ドラの出演は初めてです。

藤堂先生のモデル人物は遠藤喜美治(えんどうきみじ)

藤堂先生のモデル人物は、小学校教師だった遠藤喜美治(えんどうきみじ)さんです。

藤堂先生は裕一の小学校の担任教師だった人物なわけですから、裕一のモデル人物である古関裕而さんの小学校の担任教師だった人物が藤堂先生のモデル人物だといえます。

音楽が好きだった遠藤喜美治さんは、福島県師範学校附属小学校で古関裕而さんの担任として音楽の指導に力を入れていました。

その後も東京で作詞家となった古関裕而さんと交流をもっており、遠藤喜美治さんが栗田小学校から校歌の制作を頼まれた時に古関裕而さんに作曲を依頼したのだそうです。

裕一のモデルである古関裕而さんの小学校の担任教師だった部分や小学校校歌の作曲を古関裕而さんに依頼した部分は、朝ドラ・エールの中でも描かれている部分とも一致していますね。

朝ドラ・エールの藤堂先生の名言集!

藤堂先生は音楽に対する熱い思いをもっていて常に裕一を応援していました。

朝ドラ・エールでは裕一だけでなく視聴者の心をも揺さぶる名言を残していて、感動した方も多かったのではないでしょうか。

ここでは、藤堂先生の名言をまとめてみます。

「言葉の詰まりは本人の気合いの問題じゃない!」
第3回の放送で運動会の練習中に失敗をした裕一が、教師から平手打ちをされて話し方を気合でなんとかしろと責められるシーンで、藤堂先生が登場し平手した教師に一括した言葉です。

「僕と君、同じ顔をしているか?歩く速さも違う。話し方も違う。違いを気にするな」
第3回の放送で教師から平手打ちされた裕一に対して藤堂先生が、裕一のことを理解し全肯定してくれたと感じるセリフですね。

「人よりほんの少し努力するのがつらくなくて、ほんの少し簡単にできること」
第5回の放送で気が弱く自信のない裕一に対し、裕一の作曲の才能に気づいた藤堂先生が裕一にその才能を伝えるために語ったときの言葉です。

「頼ることは恥ずかしいことじゃない。自分の才能から逃げるな。一生後悔するぞ」
第6回の放送で借金を重ねて夜逃げすることとなった魚屋の息子の村野鉄男に、詩の才能があることを見抜いてフォローした時のセリフです。

「俺はないものを追ったんだ」
第6回の放送で藤堂先生のフォローに対し鉄男から「先生は逃げたの?」という問いかけへの藤堂先生の答えでした。”ないもの”というのが何なのかは明らかにされていないので、今後これについても明かされるのかが気になりますね。

朝ドラ・エールの藤堂先生の結婚した妻は誰?

藤堂先生と結婚して妻になったのは、裕一が伯父の後を継ぐために働いていた川俣銀行で事務員として勤務していた昌子(堀内敬子)さんです。

裕一が川俣銀行に働いている時には、女心のわからない裕一に女性目線で様々なアドバイスをしてくれていました。

昌子は過去に3回結婚した経験がありましたが、川俣銀行の事務員として勤務していた時には独身だったので、裕一の紹介で藤堂先生と出会ったのが結婚するきっかけになったようです。

裕一が藤堂先生に依頼されて作曲した校歌の完成披露会に出席する際に藤堂先生のもとに昌子が登場し、そこで昌子が藤堂先生の妻となったことを知ることとなりました。

しかも昌子は4度目の結婚で初の妊娠ということで、裕一と音だけでなく視聴者も驚きと祝福する気持ちでいっぱいになりましたね!

まとめ

朝ドラ・エールでは裕一の音楽人生に深く関わる藤堂先生についてまとめました。

藤堂先生のとっても教育熱心な姿やセリフには毎回感動してしまいます。

また結婚相手がまさかの川俣銀行の事務員だった昌子さんという展開にも驚かされましたね!

これからも藤堂先生の登場がたのしみです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント