朝ドラ・エールの権藤家のモデルは?権藤茂兵衛や妻は誰なのかについても!

エール

朝ドラ・エールで主人公の小山裕一の伯父として登場する権藤茂兵衛・ごんどうもへえ(風間杜夫)ですが、強面で無愛想な雰囲気からエールの中ではヒール役といえる人物です。

権藤茂兵衛は呉服屋の喜多一に訪れたり運動会などの行事を見に来たりと登場する機会が多く、裕一の母の兄のため茂兵衛だけでなく権藤家として家族も登場していましたね。

そこで今回は、朝ドラ・エールの権藤家のモデルとなるお家はあるのか、権藤茂兵衛や妻は誰なのかについてもまとめていきます!

朝ドラ・エールの権藤家とは?

権藤家の家族構成

裕一の伯父 権藤茂兵衛
茂兵衛の父 権藤源蔵
茂兵衛の母 権藤八重
茂兵衛の妻 権藤絹子

権藤家は登場頻度の高い権藤茂兵衛と父、母、妻の4人家族です。

裕一の伯父である茂兵衛には妻がいるもの、その妻は病弱だったため子どもに恵まれませんでした。

権藤家は福島の川俣で銀行を経営していた大実業家ですが跡取りがおらず、血縁者である茂兵衛の妹の小山まさに2人の息子のうちどちらかを養子に出すよう話をしていました。

裕一の祖父の権藤源蔵と祖母の権藤八重は裕一に対してとても優しく、裕一はおじいちゃんとおばあちゃんが大好きでしたが、無愛想な茂兵衛のことだけは苦手です。

茂兵衛が無愛想なのは、父である源蔵からまさの息子を養子にするか、妻の絹子を捨てて再婚することを迫られていたプレッシャーからだったのかもしれません。

権藤家は大実業家ですから跡取りがいないということが当時としては大問題だったと考えられます。

裕一の実家である呉服屋喜多一の経営が厳しい状況になった時に、まさは茂兵衛に川俣銀行から融資を受けさせてくれるよう頼みました。

融資を受けさせる条件として権藤家が出したのが、裕一を養子にすることだったのです。

裕一は作曲家になる夢をもっていましたが、権藤家の養子になるためには権藤家が経営する川俣銀行で働く必要があったため、諦めざるをえませんでした。

真面目に川俣銀行で働いていた裕一でしたが、作曲家になる夢を諦めきれず権藤家を飛び出し音と結婚、上京してしまいます。

権藤家は養子に迎えるはずであった裕一が養子にならなかったため跡取りがおらず、川俣銀行は権藤家から人の手に渡ることになってしまいました。

権藤家のモデル武藤家!

朝ドラエールの権藤家のモデルは、裕一のモデル人物である古関裕而さんの母方の実家である武藤家です。

武藤家は、ちりめん屋という屋号で味噌や醤油を醸造するお店の経営をしていたり、広大な土地を所有していたりと福島を代表する資産家として知られていました。

日本には、1890(明治23)年から1947(昭和22)年まで貴族院という上院が設置されていて、議員資格が土地あるいは工業・商業につき多額の直接国税を納める30歳以上の者となっている「多額納税者議員」に武藤茂平さんが選出されたことがあるのも、武藤家の資産家としてのすごさを感じさせます。

権藤茂兵衛(ごんどうもへえ)のモデルは武藤茂平(むとうもへい)

権藤家の権藤茂兵衛のモデル人物は、武藤茂平(むとうもへえ)さんです。

茂兵衛は裕一の伯父だった人物ですので、裕一のモデル人物である古関裕而さんの伯父にあたる人物が茂兵衛のモデル人物だといえますね。

武藤茂平さんは古関裕而さんの伯父で、朝ドラ・エールでの茂兵衛の役柄と同じように母親の兄にあたります。

武藤茂平さんは、福島県川俣町で川俣銀行の頭取を務めた大実業家でした。

史実でも古関裕而さんは川俣銀行で働いていたそうで、福島商業学校卒業後に仕事をせずにいた古関裕而さんをその時に川俣銀行で頭取を務めていた武藤茂平さんが就職させたという経緯があったようです。

権藤茂兵衛と権藤茂兵衛の妻を演じた俳優についても

権藤家の中心人物として登場している権藤茂兵衛ですが、朝ドラ・エールでは部分的に主人公である裕一の人生を左右していた人物でもあります。

無愛想で頑固者といった役柄でなんとなくとっつきにくいキャラクターではありましたが、子どもには恵まれなくても分かれることはできない妻と権藤家の間で跡継ぎ問題に悩まされ葛藤する姿には人間らしさも感じられましたね。

ここからは、その権藤茂兵衛役と妻の権藤絹子役を演じていた役者さんについてまとめていきます。

権藤茂兵衛役は風間杜夫(かざまもりお)

権藤茂兵衛役を演じていたのは、俳優の風間杜夫(かざまもりお)さんです。

名前:風間杜夫(かざまもりお)
生年月日:1949(昭和24)年4月26日
血液型:O型
出身地:東京都
所属事務所:フリー

風間杜夫さんはテレビドラマ、映画、舞台だけでなくアニメや海外ドラマ・アニメの吹き替え、バラエティなど幅広く活躍している俳優さんです。

朝ドラの出演は6作品目で、NHKの作品では大河ドラマにも過去に7作品に出演しています。

朝ドラ・エールでは権藤茂兵衛というヒール役を演じていましたが、実は笑顔がステキな俳優さんでもあるんですよ。

妻の権藤絹子役は村上里美

権藤絹子役を演じていたのは、村上里美(むらかみさとみ)さんです。

残念ながら村上里美さんについては情報がほとんどなく、女優さんなのかタレントさんなのかもわかりませんでした。

権藤絹子の登場シーンはとても少ないので、絹子役が誰だったのかわからなかったという方も多かったようです。

まとめ

権藤家についてまとめてみましたが、まとめてみると跡継ぎ問題に悩まされる茂兵衛の姿や子どもに恵まれなくても妻とは別れずにいる茂兵衛の愛情深さも感じました。

朝ドラ・エールでは、妹もまさに2人の息子のどちらかを養子に出すよう言ったりと、厳しい表情や無愛想な様子から茂兵衛といキャラを好きになれずにいましたが、権藤家についてまとめることで茂兵衛の苦労を知ることで少しっ見方が変わりましたね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント