朝ドラ・エール窪田正孝のフラッシュモブの曲名は?ロケ地やみんなの感想も

エール

朝ドラ・エール第1回の放送では、主演の窪田正孝さんと妻役の二階堂ふみさんが紀元前一万年前という設定で原始人ルックで登場。

時代ごとの音楽とともに人と音楽とのつながりを表現する中で、窪田さんが二階堂さんとのデート中にフラッシュモブダンスをしてプロポーズをするという、朝ドラらしくないオープニングが展開されていましたね。

そこで今回は、朝ドラ・エールで窪田正孝が踊ったフラッシュモブの曲名は何なのか、ロケ地やみんなの感想もまとめていきます!

朝ドラ・エール窪田正孝のフラッシュモブの曲名は?

窪田正孝さんがダンスを踊ったフラッシュモブで流れた曲名は、「I Will Love You」という曲なのだそうです。

アーティスト名には、Oliver Jackson、Lucas Owenson、Jamie Elderの3名の方の名前があり調べてみましたが、この方々がグループなのか、グループなのだとしたら何というグループ名なのかはわかりませんでした。

朝ドラ・エールの公式アカウントにその日に放送されたエールに関する情報を載せていることがあるので期待したのですが、残念ながらそちらにも詳しい情報の記載はなかったです。

ちなみに、このフラッシュモブのダンス指導を行ったのは、ダンス普及に務めながら様々なアーティストの振り付けも担当している振付師で演出家の夏まゆみさんでした。

朝ドラ・エール窪田正孝のフラッシュモブのロケ地は?

フラッシュモブで窪田さんがダンスを披露したロケ地は、茨城県つくば美術館です。

茨城県つくば美術館の情報

【住所】
〒305-0031
茨城県つくば市吾妻2-8

窪田さんと二階堂さんがデートをしているシーンでは大人から子供までたくさんの方が出演していて、踊っていた道の端には路上販売の屋台なども並んでいることから公園のような場所を想像していましたが、美術館だったとは意外ですね。

朝ドラ・エール窪田正孝のフラッシュモブみんなの感想!

朝ドラ・エールでキレッキレのダンスを披露してくれた窪田さんですが、ダンスがとても上手でカッコよかったですね!

俳優として活躍している窪田さんにはダンス経験があるのかどうかも気になるところです。

ここからは、窪田さんのダンス経験にいついてとフラッシュモブダンスのみんなの感想もまとめていきます。

窪田正孝にはダンス経験がある?

窪田さんは、以前テレビ番組に出演した際には特技としてダンスを披露したことがありました。

高校時代はダンス部に所属していた窪田さんはEXILEが大好きだそうで、クオリティの高いウェーブやムーンウォークを披露したそうです。

窪田さんが踊るダンスのジャンルはポッピンというジャンルに区分されていて、過去にテレビ番組に出演した際に披露したダンスのインパクトの強さから、窪田正孝さんのイメージ=ダンスと答える人もいるほど。

ポッピンというジャンルのダンスは、身体の一部を一瞬止めたり弾いたりして踊るダンスでヒットやウェーブなど人間だとは思えない身体の動きが特徴的で、名前の由来は筋肉を弾くと言う意味のPOP(ポップ)なのだそうです。

ポッピンダンスはパントマイムやロボットダンスの進化系ともいわれているそうで、独特な動きのダンスだということが想像できます。

朝ドラ・エールで窪田さんがキレッキレのダンスを披露してくれたのは、もともとダンス経験があったからだったのですね!

窪田正孝のフラッシュモブのみんなの感想まとめ

朝ドラ・エールでフラッシュモブダンスを披露した窪田さんを見て、カッコいい!と感じたのは私だけではないはずです。

窪田さんのダンスはエールの本編とは関係がない部分ではありますが、視聴者のみなさんはどのように感じたのかまとめていきます!

フラッシュモブは本当にカッコよかったですね!

エールの本編には関係ないストーリーですが、このフラッシュモブは良いですね!

原始時代からのフラッシュモブで確かに本編がはいってこないです。

フラッシュモブの窪田さんは笑顔でかわいかったですね!

フラッシュモブを踊る窪田さんが面白すぎるという感想もありました。

フラッシュモブがカッコよかったという感想は多数ありました!

フラッシュモブとその後のプロポーズという流れに疑問を感じた方もいたようです。

まとめ

朝ドラ・エールのフラッシュモブで使われていた曲名を知ることができましたが、詳しい情報についてはわからず動画も見つけることができませんでした。

エールの第1回放送でカッコいいダンス姿を見せてくれた窪田正孝さんには惚れ惚れしましたね。

エールの本編はダンスとは関係がないので、今後窪田さんのダンスシーンが見れないのは残念です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント