まいりました入間くんカルエゴ先生には使い魔いない?ケルベロスの正体も解説

魔入りました!入間くん

カルエゴ先生は、『魔入りました!入間くん』の主人公・鈴木入間(すずきいるま)が通う悪魔学校バビルスでアブノーマルクラスの担任を務めている先生です。

担任ということで非常に登場頻度が多いカルエゴ先生ですが、実はこれまでに使い魔を披露しておらずケロベロスが使い魔だと思っていたという方もいるのではないでしょうか?

この記事では、『魔入りました!入間くん』のカルエゴ先生には使い魔がいないのか、ケルベロスの正体についても解説していきます!

『魔入りました!入間くん』のもっと詳しい情報はこちら↓から!

『魔入りました!入間くん』の記事一覧

【魔入りました!入間くん】ナベリウス・カルエゴとは?

まずは、『魔入りました!入間くん』のカルエゴ先生ことナベリウス・カルエゴというキャラクターについて解説していきます!

ナベリウス・カルエゴの基本情報

ナベリウス・カルエゴのプロフィール

名前:ナベリウス・カルエゴ
性別:男性
身長:182cm
体重:65kg
誕生日:2月14日
一人称:私、俺
職業:悪魔学校バビルスの教師、アブノーマルクラス担任
位階(ランク):8(ケト)
呼び名:カルエゴ先生、カルエゴ卿、カルエゴくん、エギー先生、使い魔先生、カルエゴちゃん

カルエゴ先生の名前はナベリウス・カルエゴといいます。

真面目で悪魔の中では超優秀ですが、プライドが高く不機嫌がデフォルトで度々アブノーマルクラスに理不尽な宿題を出すなど陰湿な性格さを発揮しています。

口癖は「粛に」「厳粛に」でとにかくうるさいことが大嫌いで、「やかましい」「節度がない」「マイペース」を三大嫌悪としているため、特にサリバンやクララのような悪魔のことが苦手です。

しかし上下関係や自分の立場をわきまえているため理事長のサリバンに対しては反抗的ではあるものの逆らうことはなく、自由過ぎる生徒たちに対して「ゴミ」「問題児」「貴様」などと教師らしからぬ発言をするものの、公私混同せずにスパルタながらもきちんと指導しています。

カルエゴ先生はアブノーマルクラスの担任

カルエゴ先生はアブノーマルクラスの担任です。

アブノーマルクラスの担任になることはカルエゴ先生にとっては不本意で、入間たち1年生の使い魔召喚で入間にカルエゴ先生が召喚された後に、担当を決める会議の日に濡れ衣で捕まり不在の間に押し付けられる形でアブノーマルクラスの担任になったのでした。

その優秀さはサリバンからも認められていて、生徒に対しては個々の素質を見抜いて能力を認めるなど頼りになる先生です。

カルエゴ先生は入間の使い魔

悪魔のカルエゴ先生は、入間の使い魔です。

魔獣の召喚とは本来悪魔が魔獣を使役する儀式のことをいいますが、入間は人間であったため悪魔を使役する儀式が行われてしまいました。

使い魔召喚の儀式は1年契約であるためカルエゴ先生と入間の使役関係はすぐに解除することができず、そのことを知ったカルエゴ先生はショックのあまり自宅で寝込んでしまいます。

それでも入間の使い魔として、召喚されれば仕方なく入間の命令に従うなど使い魔としてもこれまで実力を発揮しているのです。

【まいりました入間くん】カルエゴ先生の使い魔について

ここからは、『魔入りました!入間くん』のカルエゴ先生の使い魔について解説していきます!

カルエゴ先生には使い魔いない?

実はカルエゴ先生には使い魔はいません。

カルエゴ先生に使い魔がいないことについては、『魔入りました!入間くん』の漫画原作25巻・218話で明らかとなりました。

これまでカルエゴ先生の使い魔が登場するシーンはなく、ケルベロスが使い魔だと思っていた方も多いはずですので詳細について後述していきます。

カルエゴ先生に使い魔がいない理由

カルエゴ先生に使い魔がいないのは、使い魔を召喚できないからです。

本来使い魔は隷属可能な種族を呼び出し使役するものであり、使い魔召喚を行う悪魔によって召喚される魔獣の種族や強さ、能力などは異なるものの、「召喚できない」ということはありません。

しかしカルエゴ先生の場合は、ケルベロスが威嚇し使い魔を追い払ってしまうために使い魔をもっておらずケルベロス自体も使い魔ではないのです。

【まいりました入間くん】カルエゴ先生のケルベロスの正体を解説

ここからは、『魔入りました!入間くん』のカルエゴ先生のケルベロスの正体について解説していきます!

ケルベロスの正体は取り憑いた犬

ケルベロスの正体は、カルエゴ先生に取り憑いた犬の獣です。

ケルベロスはナベリウスの血におりこまれた魔力そのものであると、漫画原作25巻・219話でカルエゴ先生自身が言っていました。

カルエゴ先生は幼い時にケルベロスを視認して、自分自身で凶暴な獣であるケルベロスを躾けて今のような関係性を築いていたのです。

ケルベロスは家系能力でもない

ケルベロスは、使い魔でもなければ家系能力でもありません。

「ケルベロスはナベリウスの血におりこまれた魔力そのもの」という部分から、家系能力を想像した方も多いと思います。

しかしケルベロスは家系能力とも異なり、魔力そのものでありながら意思のようなものを持っているため主と認めない者には牙を向き爪を振り下ろすことさえもある危険な存在なのです。

そのためケルベロスとの関係では、最初に躾けを叩き込むことが重要となります。

『魔入りました!入間くん』の漫画全巻を最安値で読む方法!
  • 『魔入りました!入間くん』の漫画原作を最初から読んでみたい!
  • アニメの続きが気になる!

そんな方におすすめの電子書籍サービスをこちら↓でご紹介しています!

<<『魔入りました!入間くん』の漫画全巻を最安値で読む方法!>>

おすすめは「好きなマンガどれでも100冊まで40%OFF」クーポンがもらえるAmebaマンガです!

<今すぐ最安値で読む場合はこちら!>

まとめ

この記事では、『魔入りました!入間くん』のカルエゴ先生には使い魔いないのか、ケルベロスの正体についても解説してきました。

  • カルエゴ先生には使い魔はいない。
  • カルエゴ先生に使い魔がいない理由は使い魔を召喚できないから。
  • ケルベロスが威嚇し使い魔を追い払ってしまうために使い魔を召喚できない。
  • ケルベロスの正体はカルエゴ先生に取り憑いた犬の獣。
  • ケルベロスは使い魔でもなければ家系能力でもない。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント