【まいりました入間くん】悪食の指輪なぜしゃべった?アリさんの正体についても

魔入りました!入間くん

『魔入りました!入間くん』で飛行レースでのランク(位階)発表の際に、ランクふくろう(位階袋鳥)の袋に手を入れたクラスメイト達がランクのバッヂを授けられる中で、なぜか主人公のイルマ君の右手の中指にだけ黄金の指輪がはまっていました。

この黄金の指輪は「悪食の指輪(あくじきのゆびわ)」といい、今後のイルマ君の活躍には欠かせない存在となっていきます。

そこで今回は、『魔入りました!入間くん』でイルマがはめる悪食の指輪はなぜしゃべったのか、アリさん(アリクレッド)の正体についてもまとめていきます!

『魔入りました!入間くん』のもっと詳しい情報はこちら↓から!

『魔入りました!入間くん』の記事一覧

【まいりました入間くん】悪食の指輪とは?

悪食の指輪とは魔力をため込む魔具で、悪食の指輪の持ち主の魔力を保管し出力することができますが、保管できる魔力の量には悪食の指輪ごとにバラつきがあり、魔力が尽き果ててなくなると周囲の魔力を吸い取るモヤを発生させます。

ここからは、悪食の指輪とイルマの出会いや、悪食の指輪の使い方やモードと呪文についてもまとめていきます!

悪食の指輪とイルマの出会い

飛行レースでのランク発表でイルマがランクふくろうの袋に手を入れたところ、数百年もの間鳴いたことがなかったランクふくろうが突然鳴き始め飛び去ると、なぜか黄金の指輪がイルマの右手の中指にはめられていました。

この黄金の指輪が「悪食の指輪」で、悪食の指輪からは禍々しい何かが出現してそこに居合わせたクラスメイトのサブロとアリスの魔力を吸い取ってしまいます。

悪食の指輪が魔力を吸い取った行動は魔力が枯渇した状態だったためで、そこに現れたサリバンが大量の魔力を指輪に食べさせると禍々しい何かはようやく姿を消したのでした。

悪食の指輪の使い方やモードと呪文

イルマはサリバンによって2連に変化させた悪食の指輪の矢印を回すことで、悪食の指輪に保管されたサリバンの魔力を調節しながら魔術を使えるようになりました。

悪食の指輪に保管された魔力を調節しながら、3段階に分けて使うことを「モード」で表現しています。

デビル(小悪魔)モード
デーモン(悪鬼)モード
イフリート(魔神)モード

このモードは上から順番に魔力が増大していくため、授業などのちょっとした魔術の時にイルマはデビルモードを使用していました。

また、悪食の指輪の使用にはこのモードの他にサリバンが緊急時にだけ使用してもいいと教えてくれた「パンドラルーラ」という呪文があります。

「パンドラルーラ」は悪食の指輪の魔力を全開放する呪文のため、悪食の指輪に保管された魔力をほとんど使用するという超必殺技です。

イルマは悪食の指輪のモードを使い分けて魔術を使うことにより、人間ながらも魔術の授業についていくことができ周囲からは悪食の指輪による魔力も合わせてイルマの実力だと認識されています。

【まいりました入間くん】悪食の指輪なぜしゃべった?

悪食の指輪は本来魔力をため込む魔具のため、サリバンいわく喋ることも自我をもつこともないそうです。

そのため、イルマが悪食の指輪が喋ったとサリバンに相談した際には、「疲れてるんだね」とサリバンとオペラから全力で心配されてしまいました。

ここからは、悪食の指輪なぜしゃべったのか喋った時期や理由、自我の目覚めについてもまとめていきます!

悪食の指輪が喋れるようになったのはいつから?

悪食の指輪が喋れるようになったのは、イルマが魔術基礎学で变化の魔術の「チェルーシル」を学んだ後に食堂に向かうアリスとクララを呼び止めようとした時でした。

アリスとクララを呼び止めようと悪食の指輪をはめた右手を前にかざすと突然禍々しい何かが姿を現し、過去にサブロとアリスの魔力を吸い取ってしまったことを思い出したイルマは悪食の指輪が溜め込んだ魔力が足りなくなったのかとパニックになります。

その時に悪食の指輪が「別に腹は減ってないよ」と話したのが最初です。

悪食の指輪が言葉を話したことに驚いたイルマでしたが、喋った悪食の指輪自身は喋ったことに全く気づいておらず、何で声が出たのかもわかりませんでした。

そしてこの時に悪食の指輪から現れた禍々しい何かは、自分のことを「悪食の指輪の化身」と言ったのです。

悪食の指輪がしゃべれるようになった理由

悪食の指輪がしゃべれるようになった理由はイルマのランクアップに関係しているようです。

悪食の指輪とその指輪を装着しているイルマは一心同体なため、イルマのランクが3(ギメル)に上がったことが悪食の指輪が喋れるようになったきっかけではないかとイルマが分析していました。

イルマのランクが上がると悪食の指輪が変化するのであれば、イルマのランクが4(ダレス)に上がれば悪食の指輪もさらに変化するのではと考えられます。

実際に悪食の指輪はイルマのランクアップとともに変化していきましたので、わかりやすくまとめてみます。

入間君のランク(位階)悪食の指輪の変化
1(アレフ)暴走しクラスメイトの魔力を吸収
2(ベト)自我に目覚め記憶もある
3(ギメル)実体化し喋れるようになる
4(ダレス)眠りにつく
5(へー)巨大化する

悪食の指輪の自我がいつ目覚めたかは不明

悪食の指輪の自我については、悪食の指輪自身でも変化が起きた正確な時期はわからないと言っています。

しかし以前イルマの意思とは関係なく指輪をはめた右手でキリヲにつかみかかった時のことを、悪食の指輪は変態メガネの首根っこをつかみヤバいやつだと教えてやったと話したことから、少なくとのもその時には自我があったことが明らかとなりました。

キリヲにつかみかかった理由がわからなかったイルマは、悪食の指輪のこの説明にいよってこの行動の意味をようやく理解することにもなったのです。

【まいりました入間くん】悪食の指輪の名前はアリさん!

自我をもち喋れるようになった悪食の指輪は、最初イルマのことを「ご主人」と呼んでいました。

しかしイルマがその呼び方を嫌がったのをきっかけにイルマの呼び方を「イル防」と決め、それと同時に悪食の指輪の名前は「アリクレッド」で「アリさん」と呼んでほしいと言いったのです。

そしてイルマとアリさんの会話には、敬語も禁止というルールも設けられました。

【まいりました入間くん】アリさんの正体は前魔王デルキラ?

アリさんの正体は前魔王のデルキラではないかと噂されています。

その理由はアリさんの名前であるアリクレッドに関係していて、

アリクレッド = Arikured
  デルキラ = Derukira

アリクレッドの名前のローマ字を逆から書くと、前魔王のデルキラになることが注目されているようです。

そのためアリさんの正体は先代魔王のデルキラ、もしくは先代魔王のデルキラに深い関わりのある存在ではないかと考えられています。

ただ、漫画では回想シーンでデルキラが登場しているものの、その姿を見ると耳は大きく尖って悪魔じみているようにも見えるんですよね。

作中では先代魔王デルキラの正体については明らかにされていませんので、これからもアリさんの進化やアリさんの正体には注目が集まりそうです。

まとめ

悪食の指輪と悪食の指輪の化身であるアリさん(アリクレッド)についてまとめてきました。

アリさんは主人公イルマとも深い関わりのある存在ですので、これからもアリさんの進化や活躍に期待しましょう。

またアリさんの正体が明かされるのもとても楽しみです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント