思い出のマーニー・アンナ(杏奈)のヘアピンはどこからきた?つけ始めた理由も

アニメ映画

思い出のマーニーの主人公のアンナ(杏奈)はショートカットでボーイッシュな印象の少女です。

そのアンナが思い出のマーニーのストーリーの途中から、斜めに流した前髪に紫色のヘアピンをつけ始めます。

アンナはヘアピンをつけたことで少し女の子らしくなったようにも見えますが、アンナがヘアピンをつけ始めた理由がわからなかったという方もいたのではないでしょうか。

そこで今回は、思い出のマーニーのアンナ(杏奈)のヘアピンはいつから登場したのか、つけ始めた理由とヘアピンはどこからきたのかについてもまとめていきます!

思い出のマーニー・アンナ(杏奈)のヘアピンはいつ登場したの?

When Marnie Was There – Official Trailer

思い出のマーニーでアンナ(杏奈)のヘアピンが最初に登場したのは、アンナがヘアピンをつけているシーンではありませんでした。

思い出のマーニーが始まってから約11分経過したあたりで、アンナが親戚の大岩さんのお宅に到着し机に向かって義母の頼子へはがきを書くシーンがあります。

このシーンを良く見てみると、アンナが持ってきた筆箱の中にひっそりと紫色のヘアピンが入っているんです。

アンナはヘアピンを大岩さんの家に持ってきてはいましたが、最初は筆箱の中にしまっているだけで身につけではいません。

その後話しが進んでいくと、何度か筆箱が登場するシーンがあるのですが毎回必ず紫色のヘアピンは筆箱の中に入れられていました。

ここまででわかるのは、紫色のヘアピンはアンナが最初から持っていたものだということですね。

きっと大岩さんのお宅へ療養に来る時に、自宅から持ってきたのでしょう。

思い出のマーニー・アンナ(杏奈)がヘアピンをつけ始めた理由

思い出のマーニーでアンナ(杏奈)がヘアピンをつけ始めた理由は、とても単純なものです。

ただヘアピンをつけ始めるきっかけになったシーンというのが、さりげない日常の会話として描かれています。

そのため急にアンナがヘアピンをつけ始めたことに、疑問を感じた方もいたのではないでしょうか。

ここからは、アンナがいつから紫色のヘアピンをつけ始めたのか、ヘアピンをつけ始めた理由についても書いていきます。

アンナ(杏奈)は紫色のヘアピンを最初はつけていない

View this post on Instagram

#思い出のマーニー

A post shared by 𝐚𝐤𝐢🌙 (@sfzgw) on

アンナをよく観察してみると、最初は紫色のヘアピンをまったくつけていないんです。

筆箱には常にヘアピンを入れていますが、つけることはなかったんですね。

それがあるシーンを境に、アンナは常にヘアピンを前髪につけるようになりました。

アンナ(杏奈)がヘアピンをつけ始めたのは髪が伸びたから!

ストーリーが中盤に差し掛かると、アンナが大岩のおばさんと一緒に昼食の用意をして、大岩のおじさんも揃って3人で昼食を食べるシーンがあります。

この時に大岩のおばさんが「髪が伸びてきたんじゃない?」と言うと、その次のシーンからアンナは紫色のヘアピンをつけ始めました。

このことから、アンナは髪が伸びてきたことが理由で紫色のヘアピンをつけ始めたということがわかりますね。

アンナは紫色のヘアピンを斜めに流した前髪につけていましたが、少し目にかかりそうになっていた前髪がヘアピンをつけたことで邪魔にならなくなったように見えます。

そしてこの頃から少しずつアンナの心境も変化してきたようで、表情や態度も明るくなってきたようでした。

思い出のマーニー・アンナ(杏奈)のヘアピンはどこからきたの?

View this post on Instagram

#思い出のマーニー

A post shared by (@ho135_7) on

ストーリーの終盤に、アンナ(杏奈)の元へメガネ少女のさやかが来て一緒に久子さんにマーニーの過去について教えてもらうシーンがあります。

このシーンではマーニーの子供の頃のことから、マーニーが結婚してその後自分の娘の子を育てることになった経緯など、マーニーが亡くなるまでの悲しい過去が語られました。

久子さんからマーニーの過去について教えてもらうことで、アンナとさやかはマーニーの生涯を知ることになります。

このシーンでは、アンナは自分がマーニーの孫だということはまだ知りません。

しかしその後にアンナを養母の頼子が迎えに来ると、アンナが養母の元へ来た時にずっと握りしめていたという写真をアンナに手渡しました。

それはマーニーの湿っ地屋敷の写真だったため、アンナは驚きます。

アンナの養母は施設の人から、この写真はアンナのおばあさんのものだと聞いていたことをアンナに話しました。

アンナが手に持った写真の裏側を見ると、そこにはマーニーの名前が書いてあったのです。

ここからアンナがマーニーに育てられていた頃の回想シーンに移り、アンナは自分がマーニーの孫であることに気づきました。

この回想シーンの中で、紫色のヘアピンはマーニーがつけていましたが、マーニーはつけていたヘアピンを外しアンナにつけてあげるシーンがあります。

アンナが持っていた紫色のヘアピンは、実はマーニーがアンナにあげたものだったんですね。

まとめ

  • アンナ(杏奈)の紫色のヘアピンは最初は筆箱に入って登場した。
  • アンナ(杏奈)の紫色のヘアピンをつけ始めた理由は、髪が伸びたから。
  • アンナ(杏奈)の紫色のヘアピンは過去にマーニーがアンナにくれたものだった。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント