【クレヨンしんちゃん】マサオくんの性格はクズでうざい?覚醒についても!

クレヨンしんちゃん

『クレヨンしんちゃん』で主人公の野原しんのすけの友人で、かすかべ防衛隊のメンバーでもあるマサオくんは、しんのすけと同じくふたば幼稚園のひまわり組に通う園児です。

かすかべ防衛隊の中で一番の泣き虫でもあるマサオくんには、おなじみの性格の他に隠れた性格として覚醒することもあるのを知っていますか?

この記事では、『クレヨンしんちゃん』でマサオくんの性格はクズでうざいのかと、覚醒についてもまとめていきます!

『クレヨンしんちゃん』のもっと詳しい情報はこちら↓から!

『クレヨンしんちゃん』の記事一覧

【クレヨンしんちゃん】まさおくんとは?

マサオくんの本名は佐藤マサオ(さとうまさお)といい、『クレヨンしんちゃん』ではマサオくんと呼ばれているしんのすけの友人です。

しんのすけが発案したかすかべ防衛隊のメンバーの一人で、メンバーの中ではツッコミ役のマサオくんは、同じくかすかべ防衛隊のメンバーである風間くんと並ぶ常識的な感性を持っています。

小柄で坊主頭に丸い顔か特徴的なことから、「おにぎり」や「おにぎり頭」などのあだ名で呼ばれることもあり、メインの登場人物の中でも地味で損な役回りが多いキャラクターです。

【クレヨンしんちゃん】マサオくんの性格について

マサオくんは気が弱く臆病で非常に泣き虫ですが優しく素直な性格をしていて、『クレヨンしんちゃん』の登場人物の中でも特に性格が子供らしくて良識的なので共感しやすいキャラクターだといえます。

しかし一方では、そんなマサオくんの性格がクズでうざいと感じるという方もいるようです。

ここからは、マサオくんの性格についてまとめていきます!

マサオくんの性格はクズ?

とにかくマサオくんは泣くことが多いのが特徴です。

とても怖がりなマサオくんは、危機的状況であっても無理なことは無理、嫌なことは嫌と必ず泣きながら訴えてきます。

危険な場面に直面した時にかすかべ防衛隊のメンバー全員で打開策をみつけてもマサオくんだけが常に消極的で、じゃんけんなどでマサオくんに決まったことでも「無理だよ~」と泣いて駄々をこねるのが定番の流れです。

自分が泣き虫であるのを良いことにその性格を利用して、マサオくんのやりたくない気持ちを無理やり押し通そうとする性格がクズだと思う方もいるのではないでしょうか。

マサオくんの性格はうざい?

とはいえマサオくんは5歳の幼稚園児ですので、無理なことは無理、嫌なことは嫌と言うことや、かすかべ防衛隊のメンバーで決まったことに対してもワガママを言うのは当たり前のことで、むしろ子供らしいとさえ感じます。

ただ、マサオくんが泣いて駄々をこねているような状況であっても、大好きなあいちゃんを話題に出すとあいちゃんに好かれるために一瞬で考えを変えるような性格は、うざいと感じる方もいるかもしれません。

いつもかすかべ防衛隊にくっついてくるくせにメンバーで決めたことでも嫌がって、さらにあいちゃんに対する下心が見え見えなのは正直なところあまり良いイメージは感じないです。

また、マサオくんの図々しい言動や空気を読まない発言により周囲の怒りを買ってしまうといった軽薄な一面もあったり、周囲を困惑させるほどに大げさなくらいに落ち込むなど卑屈な性格はうざいと感じてしまいます。

【クレヨンしんちゃん】マサオくんの覚醒!

マサオくんは性格がクズやうざいと思われている一方で、時には覚醒してカッコいい姿を披露してくれます。

ここからは、マサオくんの覚醒について解説していきます!

マサオくん覚醒の特徴

マサオくんの覚醒は、ふとしたきっかけで自信をつけることや恐怖心がある一線を超えることで発動します。

覚醒したマサオくんは表情もキリッと引き締まり、野性味と男気あふれる熱血漢な性格に豹変し、口調もヤクザ風でワルな感じでさらには毒舌になり、自信家なうえ運動能力も大幅に向上するのが特徴です。

マサオくん覚醒は、主に映画で発動します。

マサオくん覚醒は「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶジャングル」

2000年4月22日に公開された映画「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶジャングル」でマサオくんは覚醒しました。

あまりの暑さでのどが渇いたかすかべ防衛隊のメンバーでジャングルの中を探索していると、ようやく水場を発見しました。

しかしその水場にはワニがいたため風間くんが、かすかべ防衛隊のメンバーの中から誰かが囮になって、そのスキに残りのメンバーが水を飲もうと提案します。

囮をじゃんけんで決めようと提案したマサオくんは、見事一人負けして囮に決定してしまいました。

大泣きして「嫌だよ~!」と駄々をこねるマサオくんに、かすかべ防衛隊のメンバーが次々とあいちゃんの話題を出すと、マサオくんは笑顔でブランコを漕ぎながら「マサオ~」と呼ぶあいちゃんの姿を思い浮かべたのです。

すると覚醒したマサオくんは態度を一変させ「オッケー!」と言って囮になることを了承し、パンイチ姿のダンスと歌でワニ達を引きつけることに成功したものの、気づけばたくさんのワニに囲まれて逃げることもできなくなったマサオくん。

しかし、この状況でもかすかべ防衛隊のメンバーがあいちゃんの話題を出すと、あいちゃんの姿を再び思い浮かべたマサオくんは再覚醒し、運動能力も大幅に向上してワニの上を次々と飛び越えてワニから逃げることができたのです。

マサオくん覚醒は「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」

2001年4月21日に公開された映画「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」でもマサオくんは覚醒しました。

かすかべ防衛隊のメンバーとひまわりは、ふたば幼稚園の幼稚園バスに乗り込み敵から逃げようとしていましたが、ボーちゃんがマサオくんにバスの運転命じます。

いつもの様に大泣きして駄々をこねるマサオくんに、ネネちゃんがうつむいたままうさぎのぬいぐるみを殴って一言「やれ」と言いました。

ビビったマサオくんはいやいやバスの運転をすることになりましたが、迫りくる敵が乗る車にさらにビビって涙を流します。

その瞬間マサオくんが少しハンドルをひねると並走していた敵の車にぶつかり、敵の車は土手に落ちて大破してしまったのです。

味をしめたマサオくんは覚醒し、「ぶっ飛ばすぜベイベー!」と言って敵を翻弄したのでした。

まとめ

『クレヨンしんちゃん』でマサオくんの性格はクズでうざいのかと、覚醒についてもまとめてきました。

  • マサオくんは気が弱く臆病で非常に泣き虫ですが優しく素直な性格
  • やりたくない気持ちを無理やり押し通そうとする性格がクズ
  • あいちゃんに好かれるために一瞬で考えを変えるような性格はうざい
  • 卑屈な性格はうざい
  • マサオくんの覚醒はふとしたきっかけで自信をつけることや恐怖心がある一線を超えることで発動

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント