惑星のさみだれ東雲三日月はカラスの騎士!能力や過去と願いについても

惑星のさみだれ

2005年から2010年にかけてヤングキングアワーズにて連載されていた水上悟志先生のSFファンタジー漫画『惑星のさみだれ』。

作中に登場する東雲三日月(しののめみかづき)は、主人公・雨宮夕日 (あまみやゆうひ)の良きライバルとして夕日に影響を与えていく重要な人物です。

この記事では、『惑星のさみだれ』の東雲三日月とカラスの騎士について解説と能力や過去と願いについてもネタバレで解説していきます!

『惑星のさみだれ』のもっと詳しい情報はこちら↓から!

『惑星のさみだれ』の記事一覧

【惑星のさみだれ】東雲三日月(しののめみかづき)とは?

まずは『惑星のさみだれ』の東雲三日月(しののめみかづき)というキャラクターについて解説していきます!

東雲三日月の基本情報

東雲三日月のプロフィール

名前:東雲三日月(しののめみかづき)
性別:男性
年齢:19歳
職業:大学生

東雲三日月は、明るく社交的な性格の男性で東雲半月(しののめはんげつ)の弟です。

裏表がなく面倒見もいいので、ムードメーカーとして周囲からは非常に好かれています。

夕日と同じ大学通う学生で朝比奈氷雨(あさひなひさめ)が助言教員の担当となっていますが、氷雨からは人当たりが良いけど不気味な奴と言われていたため、その存在が敵か味方か謎に包まれていたのです。

自分よりも強さで勝る兄の背中を追いかけ続けていて、半月の死後はその能力を継承した夕日に執着し良きライバルとなっていきます。

度々ひとり山に籠もり修行に励むなど、力を得るためには努力を惜しまず以外に真面目です。

三日月の兄である東雲半月についての詳しい情報は、こちら↓の記事をご覧ください!

カラスの騎士と従者ムーの関係

東雲三日月と従者ムーはカラスの騎士と指輪の従者の関係で、指輪の従者とは精霊(プリンセス)・アニマが従える12体の獣のことをいいます。

そのうちの1体がムーという名前のカラスで、指輪の従者は契約した指輪の騎士の身体と同調し影響を受けるため、指輪の騎士が死亡すると同時に指輪の従者も消滅してしまうのです。

三日月をカラスの騎士としてムーが選んだ理由については、作中では明らかになっていません。

東雲三日月の従者ムーは無口

東雲三日月の従者ムーは無口な性格で、作中でもほとんど話をしません。

喋らないムーが唯一喋ったのが、三日月の願いを叶えた時と全ての戦いが終わり消滅する前に言葉を発した2回のみです。

その時のムーの声が女性の声だったことで、ムーの性別が女性であることが明らかとなりました。

指輪の従者についての詳しい情報は、こちら↓の記事をご覧ください!

【惑星のさみだれ】東雲三日月の能力を解説

ここからは、東雲三日月の能力についてネタバレで解説していきます!

掌握領域:掌握結界・封天陣の能力

掌握領域の掌握結界・封天陣(ほうてんじん)は、無数の掌握領域を結界のごとく周囲に浮遊させる能力です。

三日月は浮遊させた掌握領域を足場にすることで、三次元的で予測不能な攻撃を行うことができます。

この技で三日月は、敵を撹乱しながら攻撃することが可能です。

掌握領域:戟軍・封天陣の能力

掌握領域の戟軍(げきぐん)・封天陣は、掌握結界・封天陣を槍状にして一気に降り注ぐ広範囲攻撃です。

この技は夕日が使用した半月から受け継いだ能力の掌握領域の方天戟(ほうてんげき)を参考に、掌握結界・封天陣と組み合わせることで発案されました。

攻撃力の高い広範囲攻撃ができるという優れた技ですが、その分消耗も激しいため連続での使用はできません。

我流の高い戦闘能力

三日月には我流の高い戦闘能力があります。

もとから戦うことが大好きでしたが半月とは違い東雲家の古武術・古雲流は極めておらず、三日月の高い戦闘力は我流によるものです。

我流といえども対人戦では夕日や南雲宗一郎(なぐもそういちろう)を破るほどの実力を持ち、対戦相手が強い者ほど嬉々として挑んでいきます。

【惑星のさみだれ】東雲三日月の過去と願いについて

ここからは、東雲三日月の過去と願いについてネタバレで解説していきます!

三日月が戦闘狂といわれるきっかけ

三日月が戦闘狂といわれるきっかけは、過去に暴走族30人を全滅させたことです。

もともと戦うことが好きだった三日月は、過去に鉄パイプやナイフを持った暴走族30人を相手にたった一人で全員をなぎ倒し、裏の社会では「闘鬼」と呼ばれ恐れられ警察にまで名前を知られています。

とにかく戦うことが好きで戦うためだけに戦う、それが戦闘狂の三日月なのです。

三日月と兄・半月との過去

三日月は兄である半月に過去これまで一度も勝てたことがありませんでした。

三日月と半月が生まれ育った東雲家は、古武術・古雲流の家門で、半月はその家の才のある長男として幼い頃から父親に鍛えられていたのです。

一方三日月は中学に入った頃から戦闘には長けていてケンカは強いものの、古雲流の使い手ではなく戦法は我流で何度も決闘を挑んでは30%程度の力しか出していない半月に負けていました。

当時大学生だった半月は、その頃すでに暴力団を壊滅させたことがあることから裏社会では「風神」と呼ばれて恐れられていたのです。

兄を尊敬し兄を超えるべき目標としていた三日月でしたが、それから6年後にも決闘を挑み負けてしまいました。

しかしその時の半月は以前とは違い全力を出していたため、三日月は半月を超えることはできないながらも兄に認められたことを喜んだのです。

三日月の願いは誰よりも強いことの証明

三日月の騎士の契約の願いは、子供にパンを与えることです。

三日月はインドでぶらぶら旅をしていた時に、目の前で踊りを披露した少女に何かあげられるものがないか探しましたがその時は何も持っていませんでした。

そこで三日月が思いついたのが、騎士の契約の願いで少女にあげるためのパンを用意することだったのです。

パンを受け取った少女はとても喜び、指輪の騎士の命がけの報酬である契約の願いで子供に与えるためのパンを願った三日月のことを従者ムーは「心も肉体も運命も誰よりも強い」と評価していました。

『惑星のさみだれ』の漫画全巻を最安値で読む方法!
  • 『惑星のさみだれ』の漫画原作を最初から読んでみたい!
  • アニメの続きが気になる!

そんな方におすすめの電子書籍サービスをこちら↓でご紹介しています!

<<『惑星のさみだれ』の漫画全巻を最安値で読む方法!>>

おすすめは「70%OFFクーポン」がもらえるDMMブックスです!

<今すぐ最安値で読む場合はこちら!>

<< DMMブックス公式サイト >>

DMMブックス

まとめ

この記事では、『惑星のさみだれ』の東雲三日月とカラスの騎士について解説と能力や過去と願いについてもネタバレで解説してきました。

  • 東雲三日月は従者ムーとの契約でカラスの騎士になった。
  • 三日月の能力は掌握領域の掌握結界・封天陣と戟軍・封天陣と我流の高い戦闘能力。
  • 三日月が戦闘狂といわれるきっかけは過去に暴走族30人を全滅させたこと。
  • 三日月は兄である半月に過去これまで一度も勝てたことがなかった。
  • 三日月の騎士の契約の願いはパン。
  • 三日月は兄である半月に過去これまで一度も勝てたことがなかった。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント