惑星のさみだれビスケットハンマーの結末ネタバレ!発動条件やルールも

惑星のさみだれ

『惑星のさみだれ』で最も重要なのがビスケットハンマーの存在です。

ビスケットハンマーを巡って魔法使い・アニムスと指輪の騎士たちは戦い続けますが、結末では地球はビスケットハンマーに破壊されてしまうのでしょうか?

この記事では、『惑星のさみだれ』でビスケットハンマーの結末ネタバレで解説し、発動の条件やルールについてもまとめていきます!

『惑星のさみだれ』のもっと詳しい情報はこちら↓から!

『惑星のさみだれ』の記事一覧

【惑星のさみだれ】ビスケットハンマーとは?

まずは、ビスケットハンマーについて解説していきます!

ビスケットハンマーについて

ビスケットハンマーとは、地球を打ち砕くことができる巨大なハンマーです。

創ったのは魔法使い・アニムスで、ビスケットハンマーは宇宙空間を漂い落ちれば焼き菓子を割るように惑星を砕くことができる泥人形とされています。

アニムスは泥人形を創る能力で、ビスケットハンマーや戦闘能力のある人形を創り出すことができるのです。

ビスケットハンマーは通常目視することができず、そこに在ることを知らなければ見えないようにできていますが、極稀にその存在を知らないまま本能的に気付いている者もいます。

ビスケットハンマーの目的

ビスケットハンマーの目的は、地球を破壊することです。

アニムスはもともとは未来の世界で宇宙で暮らしていた人間でしたが、非常に強力な超能力を持っていたことで自身を神だと思い込み、時間を逆行しながらこれまで何度もビスケットハンマーで地球を壊し続けていました。

その度に精霊(プリンセス)・アニマとアニマが従える獣と指輪の騎士とともに、ビスケットハンマーの発動を阻止するために戦ってきたのです。

しかしこれまでのアニムスとアニマとの戦いは、いつも最後には地球が破壊されてしまうという結末を迎えていたのでした。

【惑星のさみだれ】ビスケットハンマーの発動条件とルール

ここからは、ビスケットハンマーの発動の条件とルールについて解説していきます!

ビスケットハンマーの発動条件

ビスケットハンマーの発動条件とは、12体の泥人形が全滅することです。

この条件はアニムスにとってはビスケットハンマーを発動しやすい非常にゆるい条件で、しかもこの条件を達成するためにはアニムス自身が戦闘に参加する必要はありません。

さらにビスケットハンマーの発動を回避できる最も簡単な条件には、主人公である雨宮夕日 (あまみやゆうひ)の死亡というものまで存在していたのです。

ビスケットハンマーの発動に関する条件は少し複雑なので、わかりやすくまとめます。

12体目破壊時に夕日が生存した場合
  • アニムスの戦闘なしでビスケットハンマー発動で地球は破壊される
夕日死亡の場合
  • ビスケットハンマーの発動なしでアニムスと残りの騎士、姫との戦闘

ビスケットハンマー発動のルールをアニマが変更

実はビスケットハンマー発動のルールは、アニマが変更することが可能だったのです。

ビスケットハンマーの発動条件として前述したルールの以前には、アニムスにとってはビスケットハンマーを発動しにくいルールが決められていました。

変更前のビスケットハンマー発動のルールをまとめます。

  • 騎士の全滅
  • 姫の死亡
  • アニムス自身の戦闘参加のうえでの泥人形全滅

以前は上記3つのいずれかの条件達成でビスケットハンマーが発動されていましたが、変更後の条件と比較すると変更後ではアニムス側は泥人形が全滅さえすればビスケットハンマーを発動することができるため発動条件がゆるくなったことがわかります。

【惑星のさみだれ】ビスケットハンマーの結末ネタバレ

ここからは、ビスケットハンマーの結末をネタバレで解説していきます!

ビスケットハンマーが発動

最終的にビスケットハンマーは発動されてしまいます。

『惑星のさみだれ』の作中ではビスケットハンマー発動を回避できる夕日の死亡はなく、夕日を含む指輪の騎士たちは12体の泥人形を全滅させたことで、アニムスにはビスケットハンマーを発動させる条件が整うこととなったのです。

しかし地球の破壊をどうしても阻止したかったアニマは、ビスケットハンマーに対抗するために創り上げていた兵器でビスケットハンマーに対抗します。

ビスケットハンマーの対抗策

アニマはビスケットハンマーの地球破壊を阻止するために、対抗策としてブルースドライブモンスターという名前の対ビスケットハンマー用カウンター小天体兵器を創り上げていました。

「可視なる絶望」であるビスケットハンマーを認識した者でさらに希望をもつ者だけがブルースを視ることができ、アニマはブルースが視える者をずっと待っていたのです。

しかしブルースを発動しビスケットハンマーに対抗するも、残念ながらブルースは砕けてしまいます。

そんな危機的状況でも頼りになるのが、姫であるヒロインの朝日奈さみだれ(あさひなさみだれ)です。

結末はビスケットハンマーの破壊

結末ではビスケットハンマーの破壊に成功します。

ビスケットハンマーかブルースのどちらかが砕けるその瞬間を待っていたさみだれは、砕けたブルースをサイキックの能力で再構築し力を上書きする形で巨大なさみだれを作り上げ、ビスケットハンマーを破壊します。

地球を破壊することを目的として創られたビスケットハンマーでしたが、最後まで地球を砕くことはできないまま結末を迎えたのでした。

ビスケットハンマー破壊後のラストバトルと最後の結末についての詳しい情報は、こちら↓の記事をご覧ください!

『惑星のさみだれ』の漫画全巻を最安値で読む方法!
  • 『惑星のさみだれ』の漫画原作を最初から読んでみたい!
  • アニメの続きが気になる!

そんな方におすすめの電子書籍サービスをこちら↓でご紹介しています!

<<『惑星のさみだれ』の漫画全巻を最安値で読む方法!>>

おすすめは「70%OFFクーポン」がもらえるDMMブックスです!

<今すぐ最安値で読む場合はこちら!>

<< DMMブックス公式サイト >>

DMMブックス

まとめ

この記事では、『惑星のさみだれ』でビスケットハンマーの結末ネタバレで解説し、発動の条件やルールについてもまとめてきました。

  • ビスケットハンマーとは魔法使い・アニムスが創り上げた地球を打ち砕くことができる巨大なハンマー。
  • ビスケットハンマーの目的は地球の破壊。
  • ビスケットハンマーの発動条件は12体の泥人形の全滅。
  • ビスケットハンマー発動のルールはアニマが変更できる。
  • ビスケットハンマーの結末は破壊されて地球の破壊は阻止される。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント