惑星のさみだれ魔法使い・アニムスの正体は?目的や過去とアニマとの関係も

惑星のさみだれ

危険な泥人形を創り上げているという魔法使い・アニムス。

姫や指輪の騎士の敵として立ちはだかる魔法使い・アニムスの正体とは一体何者なのでしょうか?

この記事では、『惑星のさみだれ』の魔法使い・アニムスの正体は一体何者なのか、目的や過去とアニマとの関係についてもネタバレで解説していきます!

『惑星のさみだれ』のもっと詳しい情報はこちら↓から!

『惑星のさみだれ』の記事一覧

【惑星のさみだれ】魔法使い・アニムスとは?

まずは魔法使い・アニムスとはどのような人物なのかをまとめていきます!

魔法使い・アニムスの基本情報

アニムスとは、世界を滅ぼすほどの絶大な力を持った魔法使いの男性です。

パジャマのような服装にメガネをかけて登場し常に気が抜けたような見た目をしていますが、その見た目とは裏腹に地球を破壊しようと企んでいます。

アニムスは初登場は、漫画原作3巻・第21話で、7体目の泥人形であるヘカトンバイオンの口の中からの登場でした。

魔法使い・アニムスは超能力と泥人形を創り出す能力をもっていて、超能力によって宙に浮いたり空中を歩くこともできます。

魔法使い・アニムスの目的

魔法使い・アニムスの目的は、全ての始まりを見ることです。

アニムスの目的は地球を破壊することそのものではなく、本当の目的は地球を破壊したその先にあります。

アニムスが超能力で時間を逆行しながらこれまで何度もビスケットハンマーを使ってその世界の地球を破壊し続けていたのは、それを繰り返すことでいつか全ての始まりにたどり着けると考えていたからでした。

これまでアニムスが地球を破壊しようとする度にプリンセス(精霊)・アニマは、アニムスに対抗すべく獣の従者と指輪の騎士とともにアニムスと戦いましたが、これまでの過去の戦いでアニムスがアニマに負けたことは1度もなかったのです。

地球を破壊しながら時間を逆行し続けて、アニムスは主人公・雨宮夕日 (あまみやゆうひ)やヒロイン・朝日奈さみだれ(あさひなさみだれ)が生きる時間の世界にたどり着き、また今回もその世界の地球を破壊してさらに過去へ向かおうとしています。

魔法使い・アニムスの泥人形について

魔法使い・アニムスの泥人形とは、アニムスが超能力で生み出した兵士のことです。

泥人形は全部で12体存在し独特の姿の個体や人間に似た姿をした個体など様々で、現れる度に目玉の数が増えて強力な力を持っているという特徴があります。

泥人形の目的は本来プリンセス・アニマの契約者である姫を倒すことであるため、この戦いではアニマと契約したさみだれが狙われるはずですが、なぜか今回の標的はさみだれではなく指輪の騎士だったのです。

『惑星のさみだれ』で登場する泥人形の種類など詳しい情報は、こちら↓の記事をご覧ください!

【惑星のさみだれ】魔法使い・アニムスの正体をネタバレ

ここからは、魔法使い・アニムスの正体についてネタバレで解説していきます!

魔法使い・アニムスの正体は未来人

魔法使い・アニムスの正体は32世紀の未来人です。

アニムスはもともと未来の世界の宇宙で暮らす人間でした。

しかしアニムスがサイキックだったことが、アニムスと地球の運命を狂わせていったのです。

アニムスは自分が神だと思い込んだ

サイキックだったアニムスは、自身を神だと思い込みました。

非常に強力な超能力をもっている自分が特別だと思い、また他者からもサイキックであることを評価されたことでアニムスは自分が「かみさま」であると認識してしまったのです。

アニムスが地球を破壊したきっかけ

アニムスが地球を破壊したきっかけは、非常に強い好奇心によるものです。

もともと好奇心が強かったアニムスは、ビスケットハンマーを具現化させて地球が壊れる感触を知ろうとし実際にその世界の地球を破壊しました。

その瞬間、時間が砕けて過去へ行く能力を覚醒させたアニムスは、過去の地球粉砕を何度も楽しみながら宇宙の最初を見て知るために時間を最初まで遡ろうと決めたのです。

【惑星のさみだれ】魔法使い・アニムスの過去を解説

ここからは、魔法使い・アニムスの過去についてネタバレで解説していきます!

魔法使い・アニムスが両親を失った過去

魔法使い・アニムスには、両親を失った過去がありました。

アニムスは月面のシャトルに乗っていた際に、超能力でシャトルの壁の感触を知ろうとして誤ってシャトルを破壊してしまったのです。

シャトルの事故の原因がアニムスであることは誰にも知られていませんでしたが、アニムス自身は事故の原因が自分であることがバレないためにサイキックであることを秘密にしていました。

アニムスが原因で起こった事故によりアニムスの両親や他にもたくさんの人が死んでしまいましたが、アニムスは悲しい感情を抱くどころか自分の能力を凄いと評価していたのです。

アニムスとアニマは双子の兄妹

アニムスとアニマは双子の兄妹の関係です。

シャトルの事故が発生した際アニムスとともにアニマもそのシャトルに同乗していましたが、アニムスと同様にサイキックであったアニマも超能力によって命が助かったのでした。

アニマはサイキックであることがたくさんの人の命を奪ってしまったことで、自身とアニムスがサイキックであることを封印して普通の子供になることをアニムスに提案したのです。

しかしアニムスはアニマの提案を拒否して自身が神であると思い込み地球を破壊したため、このことがきっかけで双子の兄妹であるアニムスとアニマの戦いが始まることとなったのでした。

プリンセス(精霊)・アニマについての詳しい情報は、こちら↓の記事をご覧ください!

『惑星のさみだれ』の漫画全巻を最安値で読む方法!
  • 『惑星のさみだれ』の漫画原作を最初から読んでみたい!
  • アニメの続きが気になる!

そんな方におすすめの電子書籍サービスをこちら↓でご紹介しています!

<<『惑星のさみだれ』の漫画全巻を最安値で読む方法!>>

おすすめは「70%OFFクーポン」がもらえるDMMブックスです!

<今すぐ最安値で読む場合はこちら!>

<< DMMブックス公式サイト >>

DMMブックス

まとめ

この記事では、『惑星のさみだれ』の魔法使い・アニムスの正体は一体何者なのか、目的や過去とアニマとの関係についてもネタバレで解説してきました。

  • アニムスとは世界を滅ぼすほどの絶大な力を持った魔法使い。
  • アニムスの目的は地球を破壊すること。
  • アニムスの泥人形は超能力で生み出した兵士で姫と指輪の騎士を標的にしている。
  • アニムスの正体はサイキックで自身を神だと思い込んだ未来人。
  • アニムスは好奇心から地球の破壊を始めた。
  • アニムスは超能力が原因で両親を死亡させてしまった過去があった。
  • アニムスとアニマは双子の兄妹。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント