惑星のさみだれ宙野花子はカマキリの騎士!能力や願いとその後についても

惑星のさみだれ

『惑星のさみだれ』の宙野花子(そらのはなこ)は、三つ編みにメガネをかけた優等生タイプのキャラクターです。

見た目は穏やかな雰囲気の花子ですが感情が希薄で危うい一面もあり、指輪の騎士としてどのような能力を習得し成長していくのかは気になるところですね。

この記事では、『惑星のさみだれ』の宙野花子とカマキリの騎士ついて解説と能力や願いとその後についてもネタバレで解説していきます!

『惑星のさみだれ』のもっと詳しい情報はこちら↓から!

『惑星のさみだれ』の記事一覧

【惑星のさみだれ】宙野花子(そらのはなこ)とは?

まずは『惑星のさみだれ』の宙野花子(そらのはなこ)というキャタクターについて解説していきます!

宙野花子の基本情報

宙野花子のプロフィール

名前:宙野花子(そらのはなこ)
性別:女性
年齢:17~18歳
職業:高校3年生

宙野花子は、高校3年生の少女です。

穏やかな性格で真面目な優等生タイプですが、実は感情が希薄で生きることへの執着が薄く他者の命を軽んじているような部分があります。

自転車で2人乗りしていた日下部太朗(くさかべたろう)とは幼馴染で、自宅が隣なためお互いの部屋を行き来するような親しい間柄です。

太朗は花子に想いを寄せていて指輪の騎士として契約したのも花子を守るためでしたが、花子自身は気づいている素振りは見せていません。

成績は優秀で大学進学を目指しています。

カマキリの騎士と従者キル=ゾンネの関係

花子と従者キル=ゾンネはカマキリの騎士と指輪の従者の関係で、指輪の従者とは精霊(プリンセス)・アニマが従える12体の獣のことをいいます。

そのうちの1体がキル=ゾンネいう名前のカマキリで、指輪の従者は契約した指輪の騎士の身体と同調し影響を受けるため、指輪の騎士が死亡すると同時に指輪の従者も消滅してしまうのです。

そして従者キルがカマキリの騎士として花子を選んだのには理由がありました。

花子をキルが騎士に選んだ理由

従者キルが花子をカマキリの騎士に選んだ理由は、花子が怖いもの知らずだからです。

従者キルはこれまでの戦いでもカマキリの騎士に選んだのは怖いもの知らずの人間ばかりで、従者キル自身は勇敢な者を選んでいるとしていました。

そのため今回の戦いでは花子の恐怖感が薄い側面を見抜いてそれが勇敢だと判断し、カマキリの騎士に選んだのです。

指輪の従者についての詳しい情報は、こちら↓の記事をご覧ください!

【惑星のさみだれ】宙野花子の能力を解説

ここからは、宙野花子の能力についてネタバレで解説していきます!

掌握領域・よく冷え~る

掌握領域のよく冷え~るは、掌握領域で水を凍らせる能力です。

花子は勉強の合間に掌握領域を使って水を冷やして遊んでいたことで、水の温度を下げてついには凍らせることができるようになりました。

「よく冷え~る」という能力名は、花子がその場で適当に付けた名前です。

掌握領域・勇者の剣(クサカベ)

掌握領域の勇者の剣(クサカベ)は、鋭い刃物を創造する能力です。

花子は掌握領域のよく冷え~るを応用して大量の水を瞬時に凍らせて刃を創り出し、それを離れた敵に連射することを可能とし9体目の泥人形・ボエドロミオンをほぼ一人で倒しました。

この能力は太朗の死亡がきっかけとなって考えついた能力であるため、勇者としてふさわしいい太朗の名前である「クサカベ」という能力名なのです。

掌握領域・荒神(あらがみ)

掌握領域の荒神(あらがみ)は、掌握領域で燃料を着火させ炎を発生させる能力です。

荒神は空気を細かくかき乱し、高温を発生させることで燃料のアルコールに着火することを可能にしました。

もともと太朗が掌握領域の精密作業に特化した太朗が考案した能力でしたが、花子も同じ温度操作系の能力を得意としていたため太朗の死後に習得していたのです。

【惑星のさみだれ】宙野花子の願いとその後について

ここからは、宙野花子の騎士の契約の願いとその後についてもネタバレで解説していきます!

宙野花子の願いは連続殺人犯の殺害

宙野花子の騎士の契約の願いは、連続殺人犯の殺害です。

花子は騎士の契約の願いを使って、指名手配中だった連続殺人犯の男性を殺していました。

騎士の願いを従者キルに願った当初は願いが叶えられることに半信半疑でいた様子の花子でしたが、昼間テレビで見た連続殺人犯が悪い人だと思ったという理由で従者キルにその人物を殺すことを願っていたのです。

宙野花子の願いの代償

殺人を願った花子の代償は、死亡率の上昇です。

騎士の契約の願いで他者の死を願うとその指輪の騎士は業を負い、自身の死亡率を高めてしまうという決まりがありました。

本来であれば従者がそのことを指輪の騎士に伝えるべきことでしたが、花子の従者であるキルは指輪の騎士が望んだことを拒否する必要はないとして花子に伝えることなくその願いを叶えてしまっていたのです。

願いがかなった後に自身の死亡率が高くなったという事実を知った花子は自業自得と納得した様子だったものの、それを一緒に聞いていた太朗は花子を救うために騎士の契約の願いで花子が致命傷を受けた時に回復させることを願いました。

それが結果的に太朗の死亡へとつながってしまうことになったのです。

日下部太朗についての詳しい情報は、こちら↓の記事をご覧ください!

宙野花子はその後料理人になる

花子はその後、料理人になります。

ビスケットハンマーをめぐる戦いの中で幼馴染で料理人になることを夢見ていた太朗が死亡した後に、花子は太朗の意思を受け継ぐ形で進学先を調理師専門学校へと変更しました。

そして10年後には花子が料理人となり、自宅の1階で食堂を経営することとなったのです。

『惑星のさみだれ』の漫画全巻を最安値で読む方法!
  • 『惑星のさみだれ』の漫画原作を最初から読んでみたい!
  • アニメの続きが気になる!

そんな方におすすめの電子書籍サービスをこちら↓でご紹介しています!

<<『惑星のさみだれ』の漫画全巻を最安値で読む方法!>>

おすすめは「70%OFFクーポン」がもらえるDMMブックスです!

<今すぐ最安値で読む場合はこちら!>

<< DMMブックス公式サイト >>

DMMブックス

まとめ

この記事では、『惑星のさみだれ』の宙野花子とカマキリの騎士ついて解説と能力や願いとその後についてもネタバレで解説してきました。

  • 宙野花子は従者キル=ゾンネとの契約でカマキリの騎士になった。
  • 花子をキルが騎士に選んだ理由は花子が怖いもの知らずだから。
  • 花子の能力は掌握領域のよく冷え~る、勇者の剣(クサカベ)、荒神(あらがみ)。
  • 花子の騎士の契約の願いは連続殺人犯の殺害。
  • 花子は騎士の契約の願いの代償として死亡率の上昇させてしまったことにより、その結果太朗が死亡することとなった。
  • 花子はその後太朗の意思を受け継いで料理人になった。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント