【死神坊ちゃんと黒メイド】魔女シャーデーが死亡した理由は?殺したのは誰?

死神坊ちゃんと黒メイド

『死神坊ちゃんと黒メイド』の主人公である坊ちゃんは、5歳の時に暮らしていた本邸で「触れたもの全てを死なせてしまう」呪いを魔女にかけられました。

坊ちゃんはこの呪いを解くために呪いをかけた魔女を探すことにしましたが、魔女の集会サバトで知り合ったガイコツの仮面を付けシスター服を着た魔女ダレスから、その魔女の正体が双子の姉のシャーデーですでに死んでいることを知らされたのです。

この記事では、『死神坊ちゃんと黒メイド』で坊ちゃんに呪いをかけた魔女シャーデーが死亡した理由と殺したのは誰なのかについてまとめていきます!

『死神坊ちゃんと黒メイド』のもっと詳しい情報はこちら↓から!

『死神坊ちゃんと黒メイド』の記事一覧

【死神坊ちゃんと黒メイド】魔女シャーデーとは?

魔女シャーデーは、坊ちゃんとアリスが忍び込んだ魔女の集会サバトで知り合った白いシスター服を着てガイコツの仮面を付けた魔女ダレスの双子の姉シャーデーで、さらに坊ちゃんに呪いをかけた魔女でもありました。

ここからは、魔女シャーデーについてまとめていきます!

魔女シャーデーはダレスの双子の姉

魔女ダレスの双子の姉の名前はシャーデーといいますが、シャーデーはすでに死亡しているため現在はいません。

シャーデーはダレスと同じ白いシスター服を着た魔女で、坊ちゃんが呪いをかけられた頃に当時坊ちゃんが暮らしていた本邸に出入りしていたと本邸の使用人達が記した日記に書かれていました。

ダレスがガイコツの仮面を付けているのは姉のシャーデーに顔に醜い傷を付けられたのを隠すためで、その時の記憶によりダレスにはシャーデーの存在自体がトラウマになっています。

妹であるダレスの年齢が150歳位と作中でいわれていたことから、双子であるシャーデーも生きていれば同じく150歳位です。

坊ちゃんに呪いをかけた魔女の正体がシャーデー

坊ちゃんに「触れたもの全てを死なせてしまう」呪いをかけた魔女の正体は、魔女のシャーデーでした。

坊ちゃんに呪いをかけた魔女の正体については、ダレスが坊ちゃんに賄賂として紹介してきた解呪が得意な魔女アメリアによって明かされることとなります。

アメリアは坊ちゃんにかけられた呪いを解呪しようとした時に、呪いから感じるあまりにも邪悪な魔力から呪いをかけたのがシャーデーだと気づいたのです。

本邸で暮らしていた坊ちゃんは5歳の時に敷地内にあるお墓の前で、突然謎の魔女に「触れたもの全てを死なせてしまう」呪いをかけられましたが、当初その魔女についての記憶は曖昧で魔女の正体についてはまったくわからずにいました。

しかし坊ちゃんに呪いをかけた魔女の正体がシャーデーだとわかってからも、シャーデーが坊ちゃんに呪いをかけた理由についてはわかっていません。

【死神坊ちゃんと黒メイド】魔女シャーデーが死亡した理由

魔女シャーデーが死亡した理由は、魔術師によって殺されたからでした。

シャーデーが死んだ理由については、シャーデーの双子の妹であるダレスや魔女達が魔法の天才だったシャーデーを恐れているためか作中ではすぐに語られません。

しかし、ザインを探していた魔術師が坊ちゃんの前に登場したことでシャーデーが死んだ理由について明らかとなりました。

魔術師とは生まれつき魔力を持った人間のことで、魔法を使うことができますが魔女とはそもそも種族が違う生き物です。

【死神坊ちゃんと黒メイド】魔女シャーデーを殺したのは誰?

魔女シャーデーを殺した魔術師の名前はニコとイチといいます。

ここからは、魔術師ニコとイチについてと魔術師がなぜシャーデーを殺したのか経緯についてもまとめていきます!

シャーデーを倒したのは魔術師ニコとイチ

シャーデーを倒したのは魔術師のニコとイチでした。

ニコとイチは他の魔術師達と共に10年ほど前にシャーデーと戦ったようですが、その時に魔術師にはたくさんの犠牲者が出て、その戦いで唯一生き残ったのがニコとイチの2人だったのです。

魔術師ニコが少年の姿をしているのは、シャーデーに不老不死の呪いをかけられたことが原因で、シャーデーとの戦い魔術師が勝利することができたのは皮肉にもシャーデーがニコにかけた不老不死の呪いのおかげでした。

少年の姿をしたニコですが本当の年齢は60歳を超えていて、シャーデーが死んだことで自身にかけられた呪いを解くことができずにいたのです。

魔術師はなぜシャーデーを殺したのか?

魔術師がシャーデーを殺した理由は、シャーデーが危険な魔女だったからです。

当時、魔女のボスだったシャーデーは個体数50程度で小さな集落で暮らしていた魔術師のもとに突然現れ、魔術師に興味を示しました。

するとニコに不老不死の呪いをかけ子供の姿に変えるなど、人間を殺さないものの人間で遊ぶのが好きなシャーデーのことを危険な魔女だと判断した魔術師達は、長い間彼女を監視していたのです。

魔術師達はなるべくシャーデーを殺したくはありませんでしたが、10年程前に殺すことを決めました。

シャーデーは魔術師達の思考を読んでいるかのように笑いとても強い魔女でしたが、最終的には魔術師達が数で勝つことができたのです。

まとめ

『死神坊ちゃんと黒メイド』で坊ちゃんに呪いをかけた魔女シャーデーが死亡した理由と殺したのは誰なのかについてまとめていきました。

シャーデーを倒した存在として新たに魔術師という種族が登場し、その魔術師達がシャーデーを殺した理由についても明かされることとなりましたね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント