【死神坊ちゃんと黒メイド】坊ちゃんの家族は?ウォルターとヴィオラについても

死神坊ちゃんと黒メイド

森の奥にある大きなお屋敷「別邸」で執事のロブとメイドのアリスの3人で暮らしている主人公の坊ちゃん。

幼い時に魔女によってかけられた「触れたもの全てを死なせてしまう」呪いのせいで、周囲からは「死神」呼ばれてひっそりと暮らしている坊ちゃんの家族について気になっている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、『死神坊ちゃんと黒メイド』の坊ちゃんの家族についてと、ストーリーにも関わってくる弟のウォルターと妹のヴィオラについてもまとめていきます!

『死神坊ちゃんと黒メイド』のもっと詳しい情報はこちら↓から!

『死神坊ちゃんと黒メイド』の記事一覧

【死神坊ちゃんと黒メイド】坊ちゃんの家族は?

坊ちゃんには「本邸」に離れて暮らしている家族がいますが、坊ちゃんが魔女に呪いをかけられて以来疎遠となっているのです。

ここからは、そんな坊ちゃんの家族についてまとめていきます!

坊ちゃんの両親と名前について

坊ちゃんには両親がいますが作中で登場するのは母親のみで、母親の名前はガーベラといいます。

父親は生きてはいるものの、坊ちゃんの母親いわく最近は体調が悪いことから病院にいるようで作中には登場せず、父親の名前を明かされることもありません。

また父親の体調が悪いことで家長としての務めも難しい状態なのか、坊ちゃんの母親は次の家長を早めに決めたいと考えています。

現時点での家長は父親ですが、実質的に本邸を仕切っているのは厳格な性格の母親です。

坊ちゃんの家族には弟と妹がいる

長男の坊ちゃんには2人の兄弟がいて、名前は弟がウォルターで妹がヴィオラです。

ウォルターとヴィオラはストーリーにも多く関わってくる登場人物ですので、2人については詳しく紹介していきます。

【死神坊ちゃんと黒メイド】坊ちゃんの弟の名前はウォルター!

坊ちゃんの弟で次男のウォルターは、イケメンな見た目と次男コンプレックスが特徴のキャラクターで、黙っていればアイドル的な存在なのに次男にまつわるワードが出ると次男コンプレックスから豹変してしまう残念な人物でもありますね。

ここではそんな坊ちゃんの弟のウォルターについて詳しく紹介していきます!

弟ウォルターは本邸のアイドル?

坊ちゃんの弟のウォルターは、サラサラヘアにぱっちりお目々なイケメンぶりと爽やかさから、本邸のメイドのなかではまるでアイドルのような存在です。

ウォルターはメイドの失態に怒ることもなくメイドのことを気にかけたりと、本邸で働くすべてのメイドから素敵だと思われていました。

しかし完璧かと思われたウォルターには次男コンプレックスがあり、本邸のメイド達も次男コンプレックスさえなければ完璧なのにとコソコソ話しているほどその姿は残念なのです。

ウォルターは次男コンプレックス!

ウォルターの次男コンプレックスとは、家の家長を継ぎたいウォルターが長男しか家長を継げないことを異常なまでにコンプレックスに感じていることをいいます。

次男コンプレックスの発動には、会話の中に「次男」という直接的なワードが出ることだけでなく、「じかん」「2時間」など次男(じなん)に似た単語や数字の2のように次男を連想させるような単語まで関係してくるのです。

しかもウォルターの次男コンプレックス発動時の豹変ぶりはかなりひどく、落ち込む、倒れる、叫ぶ、大声で長男を否定するのは当たり前なため、妹のヴィオラもメイド達も引いています。

またウォルターは母親の愛が長男である坊ちゃんに注がれていたことを恨んでて、自分の方が坊ちゃんよりも優れていると思っていることから、次男でありながらも家長を継ぐことに必死で坊ちゃんの呪いが解けなければいいとさえ思っているのです。

【死神坊ちゃんと黒メイド】坊ちゃんの妹の名前はヴィオラ!

坊ちゃんの妹のヴィオラはサラサラロングヘアでかわいい見た目に毒舌で枯れ専が特徴のキャラクターで、別邸で働くロブのことが好きなことから家族の中で一番多く別邸を訪れていて坊ちゃんとの関わりも多い人物です。

ここではそんな坊ちゃんの妹のヴィオラについて詳しく紹介していきます!

妹ヴィオラは枯れ専でロブが好き!

坊ちゃんの妹であるヴィアラが2時間もかけて坊ちゃんが暮らす別邸まで訪れていた目的は、別邸の執事をしているロブに会うためでした。

実はヴィオラは50歳以上の男性がタイプという枯れ専で、執事のロブのことを好きになっていたのです。

別邸には大好きなロブがいるためヴィオラは度々坊ちゃんの元を訪れていますが、「触れたもの全てを死なせてしまう」呪いをかけられている危険な存在の坊ちゃんと会っていることが母親にバレては怒られてしまうため、家族にはこのことを内緒にしていました。

ヴィオラが別邸を訪れる目的は大好きなロブに会うためですが、それでも坊ちゃんにとっては家族の中で唯一自分のもとへ来てくれる人物のため、ヴィオラのことを信じたいと思っています。

ヴィオラ式恋愛指南術とは?

ヴィオラにはヴィオラ式恋愛指南術というものがあり、坊ちゃんやアリスにもヴィオラ式を指南しようとします。

ヴィオラ式恋愛指南術はヴィオラが考えた恋愛指南術のことで、主にするのは「ぶりっこ」です。

これに関してヴィオラは、女受けは最悪だけど愛嬌の塊だと言っていてアリスにもレッスンをしますが、当の本人はというと大好きなロブの前では恥ずかしさから全くヴィオラ式を発揮できず、ロブにはヴィオラの愛は伝わっていません。

まとめ

『死神坊ちゃんと黒メイド』の坊ちゃんの家族についてと、ストーリーにも関わってくる弟のウォルターと妹のヴィオラについてまとめてきました。

坊ちゃんの弟ウォルターと妹ヴィオラはとても個性的でストーリーを盛り上げる役目も果たしているので、これからの活躍にも注目していきたいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント