【死神坊ちゃんと黒メイド】ガイコツの正体は誰?魔女ダレスが顔を隠す理由も!

死神坊ちゃんと黒メイド

アリスの提案で坊ちゃんの運動不足解消のために始めたビリヤードで、負けたほうが何でもいうことを聞くという条件で勝負をすることになり、勝利したアリスはお祭りに参加するために一緒に街にでかけてほしい言いました。

街のお祭りでアリスがはぐれた坊ちゃんを探していた時にすれ違ったのが、ガイコツの仮面を付けたシスター服の女性でこの女性はアリスの母シャロンの名前をなぜか知っていたのです。

この記事では、『死神坊ちゃんと黒メイド』でガイコツの仮面を付けたシスター服の女性の正体は誰なのか、魔女ダレスが顔を隠す理由についてもまとめていきます!

『死神坊ちゃんと黒メイド』のもっと詳しい情報はこちら↓から!

『死神坊ちゃんと黒メイド』の記事一覧

【死神坊ちゃんと黒メイド】ガイコツ(骸骨)の正体は誰?

アリスを見てガイコツの仮面を付けたシスター服の女性がすれ違う際に言ったのが、「シャロン・レンドロット」という人物の名前でした。

シャロン・レンドロットはアリスの母の名前だったため、アリスは誰なのかと訪ねましたがガイコツの仮面を付けたシスター服の女性はシャロンの知り合いとだけ答えただけで、その正体は明かさなかったのです。

ここからは、ガイコツの仮面を付けたシスター服の女性の正体とこの人物の基本情報をまとめていきます!

ガイコツの正体は魔女のダレス!

ガイコツの仮面を付けたシスター服の女性の正体は、魔女のダレスという人物でした。

この人物の服装から魔女なのではないかと考えたアリスは、坊ちゃんが「触れたもの全てを死なせてしまう」呪いをかけた場所を探すべく行くことにした魔女の集会サバトに自分もついていきたいと言います。

魔女たちが暮らす魔界は化け物がたくさんいる恐ろしい所でしたが、魔女の集会サバトは以外にも礼儀正しく行われていて、そのサバトを仕切っている魔女のリーダーがガイコツの仮面を付けたシスター服の女性だったのです。

サバトで出席をとっていく中で、この人物が自らダレスと名乗り正体を明かしたのでした。

ダレスの基本情報

ダレスはガイコツの仮面を付けたシスター服の女性の魔女で、魔女のボスでもあります。

仮面の下はものすごい美人だと噂されるほどですが、ある理由から仮面は外しません。

年齢は150歳位とのことですが立ち姿は若々しく、坊ちゃんに呪いをかけた魔女を知っているもののその魔女はすでに死んでいるため、坊ちゃんとアリスに合わせるのは不可能なうえ呪いの解き方についても見当がつかないと言いました。

ダレスは坊ちゃんに呪いをかけた魔女は天才だったと話しますが、その魔女のことが嫌いで話したくないことからこれ以上の情報は教えてくれなかったのです。

坊ちゃんの弟ウォルターと出会い顔を綺麗だと言われたことがきっかけで、それ以降仮面で顔を隠すのをやめました。

【死神坊ちゃんと黒メイド】ダレスが顔を隠す理由は?

ダレスが顔をガイコツの仮面で隠している理由は、ダレスが自分の顔を醜いと思っていたからです。

ここからは、ダレスが顔を隠している理由とそのきっかけである双子の姉のシャーデーについてまとめていきます!

ダレスが顔を隠すのは顔の傷を隠すため

ダレスがガイコツの仮面で顔を隠すのは、顔の傷を隠すためでした。

自身の傷だらけの顔をダレスは醜いと思っていたため、仮面を外すのはひとりでいる時のみで普段は仲間の魔女にも人間にも他人に素顔を見られることを避けていたのです。

そのため、ダレスが魔女のカフに頬を打たれた拍子にカフと坊ちゃんとアリスに素顔を見られた後には、醜い傷だらけの顔を見られたショックから泣いてしまいました。

ダレスの顔を傷つけたのは双子の姉シャーデー

ダレスの顔に傷を付けたのは、ダレスの双子の姉であるシャーデーです。

姉のシャーデーは嫌がるダレスの顔に爪で無理やり傷を付けたようで、ダレスが顔の傷のことで悩む際に度々姉のシャーデーが回想として登場しています。

また、ダレスはシャーデーに顔の傷を付けられたことでシャーデーが死んだ今でも彼女のことが嫌いで、顔に傷をつけられた時のことがトラウマになっているようです。

【死神坊ちゃんと黒メイド】ダレスの顔を傷つけたのはなぜか考察!

シャーデーがダレスの顔を傷つけた理由について考察していきます。

ダレスが顔の傷のことで悩む際の回想で登場するシャーデーが、「あなた私の顔にそっくりでややこしいわ。目印つけてもいいかしら?」と言っていることから、双子で同じ顔をしているダレスがひと目でダレスだとわかるように傷をつけたようです。

ともに美人だったダレスとシャーデーでしたが、シャーデーだけが魔法の天才と言われたほどの魔女で、当時はシャーデーが魔女の中のボスという一目置かれた存在でした。

シャーデーは自分が魔法の天才であることに自信をもっていましたが、天才がゆえに他の魔女が使えない呪いが使えるなど歪んだ性格の持ち主でもあったのです。

そのため魔法でだけでなくすべてにおいて一番になりたいと思った時に、美人で同じ顔のダレスの存在が邪魔だったのではないでしょうか。

ダレスの顔にシャーデーが傷をつけることになった詳しい経緯については描かれていないことから、この出来事はシャーデーにとっては思いつきのようなものだったのかもしれません。

ただ、シャーデーの目的はダレスの顔に傷を付けて単に目印をつけることだったわけではなく、顔の傷があるダレスよりもシャーデーの方が美人で優れていることを周囲に知らしめるためだったのではないかと考えられます。

まとめ

『死神坊ちゃんと黒メイド』でガイコツの仮面を付けたシスター服の女性の正体は誰なのか、魔女ダレスが顔を隠す理由とシャーデーがダレスの顔を傷つけたのはなぜか考察してきました。

シャーデーがすでに死亡しているため作中では回想シーンと魔法で過去に行くシーンでしか登場していませんが、天才で歪んだ性格の魔女なことから今後も何らかの形で坊ちゃん達やダレスに影響を与えてきそうな人物ですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント