【死神坊ちゃんと黒メイド】ロブの眼帯の理由は?魔法の釜はその後どうなった?

死神坊ちゃんと黒メイド

ロブは『死神坊ちゃんと黒メイド』の主人公である坊ちゃんが暮らす森の奥のお屋敷「別邸」で、執事として働いている高齢の男性です。

主人公である坊ちゃんと共に別邸で暮らしていることから作中での登場シーンはとても多いロブですが、彼の過去についてはあまり語られておらず謎めいた人物でもありますね。

この記事では、『死神坊ちゃんと黒メイド』のロブがしている眼帯の理由についてとロブに渡された魔法の釜はその後どうなったのかをまとめてきます!

『死神坊ちゃんと黒メイド』のもっと詳しい情報はこちら↓から!

『死神坊ちゃんと黒メイド』の記事一覧

【死神坊ちゃんと黒メイド】執事のロブとは?

ロブの名前はロブ・ガードナーといい、別邸でただひとりの執事で坊ちゃんにとっては親代わりのような存在です。

ここからは、執事のロブについて詳しくまとめていきます!

ロブの基本情報

ロブは右目に眼帯をした老人の男性で、執事歴50年のベテラン執事です。

とても働き者であるロブの仕事ぶりは素晴らしいものですが、年老いていることから腰を痛めたり老眼・老聴は日常茶飯事、食事をしたことさえ忘れてしまうことも度々あります。

しかしロブは自分の老いには気づいていないのが、坊ちゃんの悩みの種でもありました。

もともとは本邸で執事として働いていたロブですが、ベテラン執事でありながら現在は坊ちゃんが暮らす別邸で働いている理由は、「触れたもの全てを死なせてしまう」呪いのせいで危険と判断された坊ちゃんが本邸から追い出される際に老いを理由にロブも一緒に追い出されてしまったからです。

以来ロブは坊ちゃんの親代わりとなり、坊ちゃんが幼い頃からひとりで坊ちゃんを育て坊ちゃんのことを理解し見守ってきました。

現在メイドとして働いているアリスを別邸のメイドとして連れてきたのもロブで、呪いによる孤独と恐怖から成長とともに絶望し心を閉ざしていった坊ちゃんに同年代の話し相手がほしいと考えたことがきっかけでした。

ロブは本邸で働いていた時に同じく本邸でメイド長として働いていたシャロンの娘のアリスと坊ちゃんが幼い頃に親しかったことを思い出し、アリスをメイドとして招いたのです。

ロブは老眼で老聴!

ロブの老眼と老聴はすさまじく、老眼に至っては人との距離感がつかめないため「触れたもの全てを死なせてしまう」呪いをかけられている坊ちゃんを度々触ろうとしてしまいます。

また人物を特定することも難しい様子で、老眼により坊ちゃんとアリスを判断できないこともあり時には猫を坊ちゃんと間違えていました。

ロブいわく最近目がぼーっとして見ずらいことは自覚しているようですが、自身の老いが原因だとは気づいていないため老眼を気にしていないようです。

またロブは老聴により度々会話が聞こえていませんが、こちらに関してもあまり本人はあまり気にしていません。

【死神坊ちゃんと黒メイド】ロブの眼帯の理由は?

最初の登場から右目に眼帯を付けているロブですが、ロブの眼帯の理由は昔ケンカをした時に当たりどころが悪くて潰れてしまったからです。

ロブの回想シーンでは若かりし頃に執事になる前だと思われるロブが登場していますが、その時のロブは右目に包帯を巻いた状態で登場していて、それがケンカの後の姿だったのではないかと考えられます。

ロブが本邸の執事になった経緯は、坊ちゃんの祖父ヴィクトルの妻(当時の奥様)が雨が、雨の降るなか右目に包帯を巻いた状態で道端に座り込んでいたロブに傘を貸すようヴィクトルに言ってくれたことがきっかけでした。

【死神坊ちゃんと黒メイド】ロブの魔法の釜はその後どうなった?

ロブが坊ちゃんから押し付けられた魔女が作り愛用していたとされる魔法の釜は、「お釜ちゃん」と名乗りその後ロブのルームメイトとして別邸で暮らしていました。

ロブが話しかけ過ぎたことで言語を覚えたお釜ちゃんは、紳士的なロブに魅力を感じ毎日楽しい時間を過ごしていたのです。

ある日屋敷の中を見て回りたいとロブに言ったお釜ちゃんは、坊ちゃんが起床するまでの間ロブとデートを楽しむつもりでいましたが、残念ながらアリスに邪魔されてしまいます。

図書室でロブとのデートを邪魔するアリスに腹がたったお釜ちゃんは、本棚にぶつかって本の下敷きになりそうでしたが、その危険な状況をロブに助けられたことでさらにロブのことが好きになったのでした。

この過度の頑張りが原因でロブの腰は完全にイカれてしまい1週間療養することになりましたが、その後もお釜ちゃんはロブのルームメイトとして別邸で暮らしています。

まとめ

『死神坊ちゃんと黒メイド』のロブがしている眼帯の理由についてとロブに渡された魔法の釜はその後どうなったのかをまとめてきました。

ロブの眼帯の理由については現時点では明かされていませんが、今後ロブがどうして本邸の執事として働くことになったのかなど、ロブの過去が明かされるのも楽しみです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント