【プラチナエンド】さきがミライを好きになれない理由は?過去や恋愛についても

プラチナエンド

『プラチナエンド』の主人公である架橋明日(かけはしみらい)は同級生の花籠咲(はなかごさき)に想いを寄せていましたが、咲はミライの自分に対する気持ちを知ってもミライを好きになることができませんでした。

咲がミライを好きになれない理由とは一体何なのでしょうか?

この記事では、『プラチナエンド』でさきがミライを好きになれない理由を解説し、過去や2人の恋愛についてもネタバレでまとめていきます!

『プラチナエンド』のもっと詳しい情報はこちら↓から!

『プラチナエンド』の記事一覧

【プラチナエンド】ヒロイン花籠咲について

ここからは、『プラチナエンド』の花籠咲の基本情報と咲を神候補に選んだ2級天使ルベルについてもまとめていきます!

花籠咲(はなかごさき)の基本情報

花籠咲(はなかごさき)は、『プラチナエンド』のヒロインであり15歳の少女です。

咲はミライの同級生でミライが想いを寄せている相手でもありますが、再会した当初の咲は元気がなく咲とミライの間には少温度差が感じられていました。

ナッセに神候補に選ばれたミライが咲と同じ高校に入学すると、咲を神候補に選んだ2級天使のルベルはミライが神候補であることを見破り、咲に赤の矢を刺させたことが咲とミライの再会となり咲がミライの想いを知るきっかけにもなったのです。

咲を神候補に選んだのは2級天使ルベル

咲を神候補に選んだのは、2級天使のルベルという少年のような姿をした天使です。

別名「策士の天使」と呼ばれているルベルは、次の神となるべく神候補を選びに人間界を訪れた13羽の天使のうちの1羽でした。

2級天使が自分が選んだ神候補に渡すことのできる天使の道具は翼か赤の矢のどちらかだったため、咲には赤の矢を渡していのです。

翼がない咲を守るために咲の翼の役目を果たしてくれる神候補として、咲にミライへ赤の矢を刺させて咲をサポートさせようとしますが、物語が進むとルベルは咲の願いを叶えたい思いから1級天使に昇格しました。

【プラチナエンド】さきがミライを好きになれない理由と過去を解説

ここからは、咲がミライを好きになれない理由が明かされる過去の出来事について解説していきます!

咲がミライを好きになれない理由

ミライの自分に対する気持ちを知った咲がミライを好きになれない理由は、過去の出来事への罪悪感に苦しんでいたからでした。

咲は今まで長い間ミライへの罪悪感にかられていたため、赤の矢を刺したミライに気持ちを伝えられてもナッセからミライの気持ちが赤の矢の効果だけでなく本心だと聞かされても、それを素直に受け入れることができなかったのです。

咲がミライへ罪悪感を持つこととなった過去の出来事については、この後で解説していきます。

咲とミライの過去

幼少期に咲とミライは家族ぐるみの親しい付き合いをしていた過去がありました。

その頃はミライも家族に囲まれて幸せに暮らしていまいたが、突然ミライの家族が事故で全員死亡し叔母の家に引き取られると、ミライは叔母の家で粗末な扱いを受けることとなったのです。

叔母一家がミライに対して食事や衣服等の世話を怠り放置していたことで、不衛生な状態でいたミライは学校でいじめを受けるようになりました。

咲はミライと同級生だったため、親しかったミライがいじめを受けていることに気づいていたのです。

咲のミライへの後悔

咲はいじめを受けているミライに気づきいけないことだとわかっていながらも、周囲に合わせる形でミライへのいじめに加わってしまっていました。

親しい間柄だったミライに手を差し伸べることもできず、自身も同級生と共にミライをいじめてしまったという過去の出来事に、咲は長年罪の意識に苛まれていたのです。

そして咲は中学校の卒業式の直後にミライが飛び降り自殺を図ったのを偶然にも目撃してしまったことで、自分がミライへしていた過去のいじめを後悔したのでした。

咲が自殺を図ったきっかけ

ミライを自殺するほどの絶望から助けることができなかった後悔が、咲が自殺を図ったきっかけでした。

咲はその行動をルベルにさえも自殺だとは素直に認めていませんでしたが、ミライに対する後悔の気持ちから海で入水自殺を図ろうとしていたのです。

そこに2級天使ルベルが現れて、咲を神候補にしたのでした。

【プラチナエンド】咲とみらいの恋愛と結婚をネタバレ

ここからは、咲とミライの恋愛と結婚をネタバレで解説していきます!

最初はミライが咲に想いを寄せていた

ミライは物語の最初から咲に想いを寄せていました。

そのため高校も咲が進学する予定の高校を選び、咲に赤の矢を刺されると自分の気持を抑えきれずに咲に「好きです」と告白したのです。

赤の矢の能力もあり咲への気持ちを爆発させるミライは咲のために何でもしたいと伝えますが、咲は過去の出来事の罪悪感からミライの気持ちを素直に受け入れることができませんでした。

咲の赤の矢の効果が切れてもミライの気持ちは変わらずにいて、徐々に咲もミライに対する感情が変化したことで、咲はミライへの罪悪感のきっかけとなった過去の後悔についてミライへ直接伝えます。

お互いの気持を知った2人は、それからより理解を深めてメトロポリマンという敵に立ち向かい、他の神候補と出会って神選びと向き合っていく物語の中で親密な関係となっていきます。

咲とミライは恋愛関係に

神が決まって元の生活に戻った咲とミライの関係は、恋愛関係へと発展します。

付き合い始めた咲とミライは、高校生にして結婚の約束もしているうえに将来は2人で四ツ葉のクローバーを置いているフラワーショップをやろうと決めていたのです。

咲は神候補に選ばれてからミライの気持ちを知ってもその気持ちに応えることができずにいましたが、神が決まるまでの間にミライと共に様々な困難を乗り越えてようやく咲も素直にミライのことを好きと言えるようになったのかもしれません。

咲とミライは最後結婚する

神選びから6年後に咲とミライは結婚し、幸せな時を過ごしていました。

そして2人は高校生の時の夢だったフラワーショップを開いたのです。

咲とミライは命が消えるその時までナッセやルベルに命を救ってもらったことを感謝し、2人で最後まで一緒にいられたことに幸せを感じたのでした。

まとめ

『プラチナエンド』でさきがミライを好きになれない理由を解説し、過去や2人の恋愛についてもネタバレでまとめてきました。

  • 咲がミライを好きになれない理由は、過去の出来事への罪悪感に苦しんでいたから
  • 咲はミライへのいじめに加わっていた過去があった
  • 咲はミライが自殺したのを目撃したのをきっかけに自分も自殺を図った
  • 咲とミライは神選び後に恋愛関係になり最後結婚する

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント