【プラチナエンド】2級天使ルベルは昇格する?方法や理由をネタバレ解説

プラチナエンド

『プラチナエンド』のヒロインである花籠咲(はなかごさき)には、2級天使のルベルがついています。

天使には等級がありルベルは1級天使への昇格を目指しますが、果たして昇格することができるのでしょうか?

この記事では、『プラチナエンド』の2級天使ルベルは昇格するのか、方法や理由をネタバレで解説していきます!

『プラチナエンド』のもっと詳しい情報はこちら↓から!

『プラチナエンド』の記事一覧

【プラチナエンド】2級天使ルベルとは?

ここからは、2級天使ルベルの基本情報と神候補に渡せる道具についてまとめていきます!

ルベルの基本情報

ルベルとは少年のような姿をした2級天使で、咲を神候補に選んだ天使です。

2級天使でありながらもプライドが高く頭を下げることは苦手なため、あの手この手で策略を考えることから「策士の天使」と呼ばれています。

ルベルが咲を神候補に選んだのは、咲が主人公のミライが飛び降り自殺をするのを目撃してしまい、同級生でありながらもミライを助けることができなかった罪悪感から海で入水自殺を図ろうとしたことがきっかけでした。

自分が選んだ神候補の咲のために2級天使からの昇格を目指すこととなります。

ルベルの等級と渡せる天使の道具

天使が神候補に渡せる天使の道具は等級によって異なります。

天使の等級神候補に渡せる天使の道具
特級天使翼・赤の矢・白の矢
1級天使翼・赤の矢
2級天使翼 or 赤の矢

ルベルの等級は2級のため神候補に渡せる天使の道具はのは翼か赤の矢のどちらかになりますが、ルベルが選んだ神候補の咲は赤の矢を選んだため咲は翼を持っていません。

神候補を選ぶために人間界にやってきた天使が神が決まるまでの間に昇格した場合には、昇格した後の等級に見合った天使の道具を神候補に渡すことができるようになるのです。

逆に降格した場合には、降格した等級に見合った天使の道具以外は天使へ返還され、無級に降格となった場合には神候補者選びからも外されてしまいます。

【プラチナエンド】2級天使ルベルは昇格する?

ここからは、2級天使ルベルの昇格について昇格したい理由や方法をまとめていきます!

ルベルはなぜ昇級したいのか?

ルベルが昇級したいと思い至ったのは、咲が翼が欲しいと熱望したからです。

咲は翼を得る方法を最初は六階堂を神候補に選んだ天使のバレに相談しましたが、バレが教えてくれた翼を得る方法は4つあったものの、そのどれもが他の神候補から翼を奪い取る方法でありそれは他の神候補の死亡を意味したものでした。

咲の話を聞いていた六階堂は自分がガンで死ねば自分が持つ翼を咲が得られると言いますが、咲は六階堂が死んで翼を得ても嬉しくないと、六階堂の考えには否定的だったのです。

そこで咲が簡単に翼を手に入れる方法としてルベルが提案したのが、ルベルが1級天使に昇格することでした。

天使の昇格について

天使の昇格とは、天使が現在の等級よりも上の級に等級が上がることです。

天使には特級天使、1級天使、2級天使という3種類の等級があり、天使はその等級ごとに神候補に渡せる天使の道具が異なっています。

特級天使は天使の中で最も等級が高く、他の天使と比較して何かに卓越した天使にのみ与えられる等級だと言われていますが、特級に限らず無級の天使の2級昇格や、2級天使の1級昇格など、天使の昇格には何の規定も試験もありません。

昇格は何かに際立った天使がそれを神に認められることで可能となるのです。

ルベルが昇格を目指す方法とは?

ルベルが1級天使昇格を目指す方法として考えたのは、ルベルがバレ以上の知識を身につけることでした。

バレは別名「知識の天使」と呼ばれている博識のある天使で、以前は特級天使でしたが特級への執着がほとんどなく現在は1級天使に降格しています。

そのためルベルがバレ以上の知識を身につけ昇格を目指すことについて、バレはこの方法は現実的でありルベルが1級昇格どころか特級昇格も目指せるのではと考えていたのです。

【プラチナエンド】2級天使ルベルの昇格をネタバレ解説

ここからは、2級天使ルベルが昇格するまでをネタバレで解説していきます!

ルベルの現実

バレ以上の知識を身につけるという方法で昇格を目指すルベルでしたが、天界の書により天界の始まりから今に至る全ての神や天使の記憶を覚え知識を身につけることはルベルの予想以上に難しいことでした。

天界の書は1滴で人間界の本でいうところの千冊以上の情報が入っていたため、その全てを身につけることは容易なことではなかったのです。

1級天使に昇格できないままいたルベルは、ミライや六階堂の危機的状況に駆けつけたい咲を見て自分の無力さに落胆してしまいますが、これがきっかけでルベルは昇格することになりました。

ルベルが昇格した方法

ルベルが昇格した方法とは、ルベルが咲のために涙を流したことです。

天使は本来涙を流すことはなく、天使のなかでは誰かのために涙を流すのは人間だけだと言われていました。

しかし、なぜかルベルは人間である咲のために天使でありながらも涙を流したのです。

ルベルが昇格した理由

ルベルが昇格した理由は、人間の気持ちを理解し共感できる天使になったからです。

天使が涙を流さないというのはこれまで天使が涙を流すという前例がなかっただけで、天使が涙を流してはいけないという意味ではありませんでした。

ルベルは人間のために初めて涙を流した天使として、涙を流した理由を神に認められて1級天使へと昇格し「感情の天使」ルベルとなったのです。

まとめ

『プラチナエンド』の2級天使ルベルは昇格するのか、方法や理由をネタバレで解説してきました。

  • ルベルは1級天使に昇格し「感情の天使」となる
  • ルベルが昇格した方法は咲のために涙を流したから
  • ルベルが昇格した理由は人間の気持ちを理解し共感できる天使になったから

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント