見える子ちゃんのスキンヘッドの正体は?名前や過去と捨て猫のその後もネタバレ

見える子ちゃん

ダンボールに入った捨て猫をひろった主人公の四谷みこ(よつやみこ)とその親友の百合川ハナ(ゆりかわはな)。

SNSで捨て猫を飼ってくれる人を探していた2人のもとに現れた、スキンヘッドで強面の男性の正体は一体何者なのでしょうか?

この記事では、『見える子ちゃん』のスキンヘッドの男性の正体は何者なのか解説し、名前や過去と捨て猫のその後についてもネタバレでまとめていきます!

『見える子ちゃん』のもっと詳しい情報はこちら↓から!

『見える子ちゃん』の記事一覧

【見える子ちゃん】スキンヘッドの男性とは?

ここからは、スキンヘッドの男性が登場したきっかけやみこが捨て猫を渡した理由についてもまとめていきます!

スキンヘッドが登場したきっかけ

スキンヘッドの男性が登場したきっかけは、捨て猫の飼い主募集をSNSで見つけたらからです。

ドーナツ屋さんからの帰り道、みことハナは道端でダンボールに入った捨て猫を見つけました。

捨て猫はかわいい子猫だったので最初ハナは自分が捨て猫を買おうかと考えますが、自宅のマンションがペット禁止だったことで捨て猫を飼ってくれる人を誰か探そうと、2人がいる場所を記載してSNSに飼ってくれる人募集の投稿をしたのです。

公園で待っていたみことハナの前に現れたのが、首や腕にタトゥーがある強面でスキンヘッドの男性でした。

スキンヘッドに捨て猫を渡した理由

みこがスキンヘッドの男性に捨て猫を渡した理由は、スキンヘッドの男性の肩に彼を慕う二匹の猫の霊が憑いていたからです。

スキンヘッドの男性が登場した際には、その怖い姿からハナは「殺されるのかな・・・あたし・・・」と言い半泣きしたほどでした。

次に猫が欲しいと現れた優しそうな男性にハナは捨て猫を渡す気満々でしたが、みこにはその男性に憑くたくさんのヤバい猫の霊が見えていたため渡すことを拒否します。

ハナは見えない子なのでみこが優しそうな男性に捨て猫を渡さなかった理由がわからず、その直後にみこがスキンヘッドの男性に捨て猫を渡したことにハナは戸惑っていました。

みこはスキンヘッドの男性に憑いていた猫の霊の穏やかな姿から彼に捨て猫を渡すことに決めたのです。

【見える子ちゃん】スキンヘッドの正体を解説

ここからは、スキンヘッドの男性の正体と名前や過去についても解説していきます!

スキンヘッドの正体は愛猫家

スキンヘッドの男性の正体は、ただの愛猫家です。

怖い姿からは想像もつきませんがスキンヘッドの男性は猫がとても大好きで、たとえ顔を引っかかれても笑顔で捨て猫に接していました。

引き取った捨て猫のお世話をしながら猫の写真をSNSに投稿したりと、とても猫をかわいがっています。

スキンヘッドの名前や過去

スキンヘッドの男性の名前は豪塚(ごうづか)といい、妻とともに2匹の猫を飼っていた過去があります。

豪塚が暮らすアパートには、女性と2匹の猫の写真が飾られていました。

写真の女性は豪塚の妻ですが、妻も2匹の猫も今はおらず霊になって豪塚に寄り添い続けています。

豪塚は妻が亡くなった今でも、結婚記念日にはケーキとお花を買って妻との結婚記念日を祝うほどの愛妻家でもあったのです。

【見える子ちゃん】スキンヘッドと捨て猫のその後をネタバレ

ここからは、スキンヘッドの男性と捨て猫のその後をネタバレでまとめていきます!

捨て猫はにゃんすけと命名

スキンヘッドの男性は、引き取った捨て猫をにゃんすけと命名します。

スキンヘッドの男性と捨て猫はその後もともと彼が暮らしていたアパートで一緒に生活を始めることとなり、スキンヘッドの男性が帰宅後に最初にしたことが捨て猫への名付けでした。

新しい家族となったにゃんすけとの楽しい生活の始まりを、スキンヘッドの男性の妻の霊もやさしい笑顔で見守っていたのです。

捨て猫の缶詰

スキンヘッドの男性は猫を愛するあまり、捨て猫ことにゃんすけのための缶詰を買うために立ち寄ったペットショップで「極上うみゃみゃ缶」か「ネコ全力疾走」にするかで10分も悩んでいました。

以前飼っていた2匹の猫が「極上うみゃみゃ缶」が好きだったことから、スキンヘッドの男性はにゃんすけにも同じ缶詰を買って帰ることにします。

気に入った様子で食べるにゃんすけを見てスキンヘッドの男性は声を出して笑い、過去に飼っていた2匹の猫もこの缶詰が好きだったなと懐かしんだのです。

スキンヘッドと遠野善の出会い

愛妻家のスキンヘッドの男性とみこのクラスの担任の先生である遠野善は、お互いの飼い猫のために同じ「極上うみゃみゃ缶」を求めていました。

どちらの飼い猫も予防接種の注射をした後で、ご褒美に好物の缶詰を買おうとしたところスキンヘッドの男性と遠野善は同じ缶詰を取り合う形で出会ったのです。

お互いに猫好きな2人は意気投合しともにスキンヘッドの男性のアパートへ行って、買った「極上うみゃみゃ缶」を2匹の猫で一緒に食べることとなります。

そこで遠野善がスキンヘッドの男性に名前を聞くと「豪塚です」と名乗りましたが、遠野善が聞きたかったのは猫の名前でした。

まとめ

『見える子ちゃん』のスキンヘッドの男性の正体は何者なのか解説し、名前や過去と捨て猫のその後についてもネタバレでまとめてきました。

  • スキンヘッドの男性の正体はただの愛猫家。
  • スキンヘッドの男性の名前は豪塚(ごうづか)。
  • スキンヘッドの男性には妻と2匹の猫と暮らした過去があった。
  • 捨て猫はその後にゃんすけと命名される。
  • 捨て猫がきっかけでスキンヘッドの男性と遠野善が出会う。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント