見える子ちゃんでみこは神社になぜ行けた?山の神様の迷信・伝承についても

見える子ちゃん

『見える子ちゃん』で主人公の四谷みこ(よつやみこ)とその親友の百合川ハナ(ゆりかわはな)は山にある神社を訪れましたが、後にみこはこの神社は決してたどり着けない場所であることを聞かされます。

では、なぜみこはこの山の神社にたどり着くことができたのでしょうか?

この記事では、『見える子ちゃん』でみこは山の神社になぜ行けたのか、理由と山の神様の迷信についてもネタバレで解説していきます!

『見える子ちゃん』のもっと詳しい情報はこちら↓から!

『見える子ちゃん』の記事一覧

【見える子ちゃん】みこが行った山の神社とは?

ここからは、みこが山の神社へ行った経緯と神社の名前についてまとめていきます!

みこが山の神社へ行った経緯

みこが山の神社へ行ったのは、パワースポット巡りをしようとしたからです。

とにかくヤバイやつらが見えまくりハナに憑いているヤバイやつを何とかしたいと考えたみこは、スマホで「ヤバいパワースポット」と検索しました。

検索した結果に出てきたのがこの神社だったため、みこはスマホのナビに導かれてハナとともに神社を訪れたのです。

山の神社の名前は?

山の神社の名前は、三狐谷神社のようです。

『見える子ちゃん』の作中では神社の名前は明かされていないため、三狐谷神社のようだとしか書くことができません。

しかし原作でわずかに描かれている神社の名前から、この神社の名前が三狐谷神社であると推測することができます。

また、この神社でみこがお願い事をした後に姿を現したのが巫女のような双子の狐だったことも、神社の名前に「狐」という文字が入っていることと関係がありそうです。

【見える子ちゃん】みこは山の神社になぜ行けたのかネタバレ

ここからは、みこはたどり着けないはずの山の神社になぜ行くことができたのか、行けた理由をネタバレで解説していきます!

山の神社にはたどり着けないはずだった

この山の神社がたどり着けないとされているのは、この神社がこの世のものではないからです。

そのためゴッドマザーことタケダミツエは、この神社のことを普通はたどり着けない場所だと言っていましたが、みこはこの場所へナビを使って行ったためそのことを聞いて驚きます。

山の神社にたどり着けない理由はこの神社に結界が張られているためで、本来であればこの神社はとても強い霊能力を持つ者でなければ行けない場所だったのです。

そのためミツエにとってみこがナビで山の神社にたどり着けたことはとても予想外のことであり、みこに関しては何かの条件が重なってたまたま行けたのかもしれないというのがミツエの考えでした。

しかし、みこが山の神社に行けた理由には一緒に居たハナの力が関係していたのです。

山の神社に行けた理由

山の神社に行けた理由は、ハナの生命オーラが結界を破ることができるからです。

この神社には結界が張られているため、普通であればこの場所に簡単に入ることはできません。

ナビですんなりと山の神社へたどり着いたみことハナでしたが、本来は結界を破らなければ決してたどり着くことができない場所だったのです。

ハナは自分の生命オーラに気づいていませんが、無意識のうちにその生命オーラの能力でこの場所の結界を破りみことともに山の神社に行くことができていたのでした。

【見える子ちゃん】神社の山の神様の迷信・伝承を解説

ここからは、山の神社にまつわる山の神様の迷信・伝承について解説していきます!

神社の山の神様の迷信とは?

神社の山の神様の迷信とは、「山の神さまにお祈りすればなんでも願いを叶えてくれる」というものです。

これはよくある類の言い伝えのようなものであり、わかる者にとってこの山の神社はどんな願いでも叶えてくれる魅惑的な場所でもあります。

しかし、この神社はなんでも願いを叶えてくれるだけという都合の良いサービスをしている場所ではなかったのです。

願い事には見返りが必要

山の神様にするお願い事には、その願いを叶えるかわりに見返りが必要だったのです。

そのため過去には、この山の神社でお願いをしたらしい力のある霊能者が何人も行方不明になっていました。

本来願い事が叶うとその直後にその場で見返りを要求されてもおかしくなく、過去の霊能者のようなことになる可能性もあったわけですが、なぜかみこは見返りを要求されていなかったのです。

みこはこの神社で「ハナに憑いてるヤバイのを何とかしてください」「ついでに私も助けてほしい」という2つの願い事をしましたが、ハナに憑いてるヤバイのを倒してもらいみこの危機的状況を3回双子の狐に助けてもらった後もなぜかみこは見返りを求められませんでした。

しかし4回目に双子の狐に助けられた後に、今までになかった出来事が起こったのです。

この事についてはこちら↓の記事で詳しく解説しています!

山の神様の伝承

そもそも山の神様とは、得体のしれない恐ろしい存在を「山の神様」と呼んだという伝承による存在だったのです。

みこが山の神社で願い事をした直後に現れた双子の狐も神様らしきヤバイやつも、みこの願いは叶えてくれたもののその正体については誰も知ってはいません。

神様であれば願い事が叶った後にみこがお供えと感謝を伝えたことを受け入れてくれても良かったはずですが、みこのこの行動が双子の狐の片方を怒らせて失敗に終わったことからも、山の神様とは伝承にすぎない存在であることを証明したようにも考えられます。

まとめ

『見える子ちゃん』でみこは山の神社になぜ行けたのか理由と山の神様の迷信・伝承についても解説してきました。

  • みこが行けないはずの山の神社に行けた理由は、ハナの生命オーラがこの場所の結界を破ったから。
  • 神社の山の神様の迷信とは「山の神さまにお祈りすればなんでも願いを叶えてくれる」というもの。
  • 山の神様とは得体のしれない恐ろしい存在を「山の神様」と呼んだという伝承による存在だった。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント