文スト天人五衰事件の黒幕は福地桜痴!異能力や目的も解説

文豪ストレイドッグス

殺人結社が起こした4つの殺人事件について、探偵社に政府より緊急の要請がありました。

そのすべての事件は「天人五衰(てんにんのごすい)」と名乗る殺人結社が関係していますが、その黒幕となる人物は一体誰なのでしょうか?

この記事では、『文豪ストレイドッグス』の天人五衰事件の黒幕である福地桜痴(ふくちおうち)について、異能力や目的についても解説していきます!

『文豪ストレイドッグス』のもっと詳しい情報はこちら↓から!

『文豪ストレイドッグス』の記事一覧

【文豪ストレイドッグス】天人五衰事件の黒幕は福地桜痴

まずは、『文豪ストレイドッグス』の天人五衰事件とはどのような事件なのかと黒幕である福地桜痴の人物像についても解説していきます!

天人五衰事件とは?

天人五衰事件とは、テロリストで殺人結社である「天人五衰」が仏教用語での天人五衰になぞらえて行った連続猟奇殺人のことです。

仏教用語での天人五衰を意味する六道最高位の天界にいる天人が、長寿の末に迎える死の直前に現れる5つの兆しを表しています。

  • 衣裳垢膩(えしょうこうじ):衣服に垢と脂が染み出す
  • 頭上華萎(ずじょうかい):頭部の華鬘が萎れ腐る
  • 身体臭穢(しんたいしゅうわい):身体が汚れ臭い出す
  • 腋下汗出(えきげかんしゅつ):腋の下から汗が流れる
  • 不楽本座(ふらくほんざ):自分の席に戻るのを嫌がり楽しみが味わえなくなる

天人五衰という組織が明らかになった直後ですでに4名が殺されていて、5人目が殺されるのも時間の問題という状況だったのです。

黒幕はカムイの正体・福地桜痴

黒幕は天人五衰のメンバーのひとりで、カムイ(神威)の正体である福地桜痴(ふくちおうち)という人物です。

天人五衰のメンバーは、

  • カムイ(神威)
  • フョードル・ドストエフスキー
  • ゴーゴリ
  • シグマ
  • ブラム・ストーカー

の5人で、創設者であるカムイは正体が不明でした。

しかし『文豪ストレイドッグス』の漫画原作19巻83話でカムイの正体が明かされたことで、天人五衰事件の黒幕が福地桜痴だということが判明したのです。

福地桜痴の基本情報

福地桜痴は、軍警最強の特殊部隊・猟犬の隊長を務める男性です。

福地桜痴は英雄として活躍を3度も映画化されるほどの人物で、これまでに世界中の危機を解決したことで神刀・雨御前(しんとう・あめのごぜん)を与えられたという経歴があります。

そのため、福地桜痴の名は伝説の英雄「サムライ」として国外においても有名です。

陽気な性格と豪快な笑い方が特徴で、猟犬の隊長としては高い実力と指導力を持っており部下からも非常に好かれています。

探偵社の福沢諭吉とは少年時代に道場破りに訪れた道場で出会った幼馴染であり、現在も親しい間柄ではありますがそれは表面的なもの。

実は福地桜痴の方は戦場に行き戦いに身を捧げた自分と戦場への同行を断った福沢諭吉の路は、その時点で永遠に別れてしまっていると考えているのです。

【文スト】黒幕・福地桜痴の異能力

ここからは、『文豪ストレイドッグス』で天人五衰事件の黒幕・福地桜痴の異能力について解説していきます!

黒幕・福地桜痴の異能力

福地桜痴の異能力

異能力名:鏡獅子(かがみじし)
異能力の詳細:手にした武器の性能を100倍にする能力

福地桜痴の異能力は鏡獅子といい、手にした武器の性能を100倍にする能力です。

その異能力が発揮される対象は武器として存在しているものだけでなく、福地桜痴が武器として扱うものであれば小石や鉄の棒でしかない欄干でさえも武器としての性能を100倍にして使用することができます。

また福地桜痴は異能力だけでなくもともとの戦闘力が高く戦闘スキルもあるため、軍刀の切れ味はその分も加味されてか「羽毛のような軽さで熱光線のような切れ味」だと中島敦(なかじまあつし)は自身の右足を切られた際に語っていました。

神刀・雨御前の能力

神刀・雨御前(しんとう・あめのごぜん)の能力は、空間を省略して離れた地点に刃を届かせるというものです。

もともと空間を渡れる距離は十数センチでしたが、福地桜痴の異能力によって性能が100倍になることで十数メートル離れた敵に対しても攻撃をすることを可能としています。

神刀・雨御前のあだ名は時空剣(じくうけん)といい、十数メートルの空間を渡るだけでなく十数秒先の時間をも渡ることができるのです。

この能力により福地桜痴は戦闘で敗北してもその瞬間過去を斬り、現在に起こった敗北を無かったことにすることができます。

【文スト】黒幕・福地桜痴の目的は?

ここからは、『文豪ストレイドッグス』で天人五衰事件の黒幕・福地桜痴の目的についてまとめていきます。

黒幕・福地桜痴の目的は不明

黒幕・福地桜痴の最終目的は不明です。

漫画原作23巻まででは、天人五衰の最終目的については明らかになっていません。

しかし天人五衰の最終目的までの過程として黒幕である福地桜痴が目標にしているのは、「日本」などの国単位ではなくすべての国家の消滅です。

福地桜痴はこれまで自分が行った戦争で人間を殺すことを命令したのは国家であり、国家や秩序が存在するから戦争というものが生まれたのだと考えていました。

そのため地獄ともいえる戦場をなくすために、すべての国家を消滅させようとしていたのです。

目標達成までの計画

黒幕・福地桜痴と天人五衰の目標達成までの計画は、4段階に分けられていることがわかっています。

  • 第一段階
    「共喰い」事件の解決によって探偵社に梓弓章を与える事で政府に近づける。
  • 第二段階
    「頁(ページ)」の表側を使い、探偵社をはめてテロリストとしてすり替える。
  • 第三段階
    密造した貨幣爆弾による無差別テロによって人類史上最悪の経済恐慌を引き起こし恐怖をあおることで福地桜痴を世界の指揮官とした人類軍を作り出し、さらに福地桜痴の手でワンオーダー(大指令)を使用することで世界の軍隊を操る。
  • 第四段階
    「裏頁」を使用して目標を達成するつもり。
    何を書くのかは不明だが次の満月に実行されることがわかっている。

ちなみにワンオーダー(大指令)とは、精神支配の異能兵器のことです。

ワンオーダーは部下が必ず命令通りに動く能力を持つ通信機で、大戦が生んだ三大厄災のひとつであり現在は欧州の時計塔の従騎士が管理しています。

しかし天人五衰のメンバーのひとりであるブラム・ストーカーによって人間が次々と吸血種ににされていくという危機的状況下において、その状況を打破するにはワンオーダーで対抗するしかなくなってしまったのです。

天人五衰事件の黒幕が福地桜痴であることは知られていないため、国連は世界で英雄として讃えられている福地桜痴を長としてワンオーダーを発動させることで人類が「人類軍」となって吸血種に対抗できると考えたのでしたが、すべては福地桜痴の計画した通りに進んでいたのでした。

『文豪ストレイドッグス』の漫画全巻を最安値で読む方法!
  • 『文豪ストレイドッグス』の漫画原作を最初から読んでみたい!
  • アニメの続きが気になる!

そんな方におすすめの電子書籍サービスをこちら↓でご紹介しています!

<<『文豪ストレイドッグス』の漫画全巻を最安値で読む方法!>>

おすすめは「好きなマンガどれでも100冊まで40%OFF」クーポンがもらえるAmebaマンガです!

<今すぐ最安値で読む場合はこちら!>

まとめ

この記事では、『文豪ストレイドッグス』の天人五衰事件の黒幕である福地桜痴(ふくちおうち)について、異能力や目的についても解説してきました。

  • 人五衰事件の黒幕はカムイの正体でもある福地桜痴
  • 福地桜痴とは軍警最強の特殊部隊・猟犬の隊長を務める男性。
  • 黒幕・福地桜痴の異能力は鏡獅子(かがみじし)で、手にした武器の性能を100倍にする能力。
  • 神刀・雨御前(しんとう・あめのごぜん)の能力は空間を省略して離れた地点に刃を届かせる。
  • 黒幕・福地桜痴の最終目的は不明。
  • 黒幕・福地桜痴と天人五衰の目標達成までの計画は4段階に分けられていて、最後には「裏頁」を使用して目標達成をするつもりでいる。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント