ありふれた職業で世界最強アニメ2期はどこまで?小説原作の何巻何章までで続編は?

ありふれた職業で世界最強

小説家になろうの小説原作の作品『ありふれた職業で世界最強』は、ライトノベル作家である白米良(しらこめりょう)先生が描く異世界ファンタジー作品で、2022年1月より第2期のテレビアニメ放送が決まっています。

そこでテレビアニメ『ありふれた職業で世界最強』第2期はどこまで放送されるのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、『ありふれた職業で世界最強』のアニメ第2期はどこまで放送されて小説原作の何巻何章までなのか、その後続編はあるのかについてもまとめていきます!

ありふれた職業で世界最強のもっと詳しい情報はこちら↓から!

『ありふれた職業で世界最強』の記事一覧

ありふれた職業で世界最強のアニメ第2期はどこまで?

ここからは、『ありふれた職業で世界最強』のアニメ第2期はどこまでなのか、作品やテレビアニメの詳細も合わせて解説していきます!

ありふれた職業で世界最強小説原作のあらすじ

主人公:南雲ハジメ(なぐもはじめ)
性別:男性
年齢:17歳(高校1年生)
天職:錬成師
出身地:地球・日本

『ありふれた職業で世界最強』の主人公である南雲ハジメは、父がゲームクリエイター、母が少女漫画家という家庭で育ったことも影響し、自他共に認めるオタクとして生活していました。

それが原因でクラスメイトからはいじめられるのが日常でしたが、ある日ハジメの教室に突然魔法陣が出現しハジメを含むクラス全員がまるごと異世界・トータスへと召喚されてしまったのです。

次々とクラスメイト達がチートな能力をもつ戦闘系天職であることが明らかになる中で、残念ながらハジメだけが非戦闘系天職の錬成師という地味な天職でした。

さらに追い打ちをかけたのが、ハジメのステータスが他のクラスメイトと比較してトータスの人間の初期値程度と最弱だったことです。

もともとクラスメイトからいじめられていたハジメは無能の烙印を押され今まで以上にぞんざいな扱いを受けますが、その分座学や読書などで知識を蓄えて少しでも皆の役に立とうと努力していました。

トータスに召喚されたクラスメイト全員でオルクス大迷宮での戦闘訓練が行われると、ハジメはクラスメイトの裏切りによって奈落の底へと落下し、そこから世界最強になるまでの物語が始まったのです。

ありふれた職業で世界最強のアニメ第2期について解説

『ありふれた職業で世界最強』のアニメ第2期は、2022年1月から放送開始が決まっています。

公式サイトでは新キャラ・新キャストの公開やイベント企画などの情報が更新されていますが、2021年11月30日時点では『ありふれた職業で世界最強』のアニメ第2期は何クールで放送されるのかなどテレビアニメの詳細な情報は掲載されていません。

ありふれた職業で世界最強のアニメ第2期はどこまでか考察

私の個人的な考察ですが、2022年1月放送開始の『ありふれた職業で世界最強』アニメ第2期は小説原作5巻からハジメ達がハルツィナ大迷宮から帰還した後日談までアニメ化されるのではないかと考えられます。

このストーリーは、「仲間との絆と誘惑に打ち勝つ強さを磨くこと」というコンセプトのハルツィナ大迷宮で、仲間たち全員が感情を揺さぶられながらも敵を倒し仲間同士の絆を確かめ合う重要なシーンです。

私がどこまで放送されるか考察した理由は、これ以降のストーリーまでアニメ化するとなると次に控えている新章に入ってしまうためあまりにもボリュームが有り過ぎると考えたからです。

ありふれた職業で世界最強のアニメ第2期は小説原作の何巻何章まで?

ここからは、『ありふれた職業で世界最強』のアニメ第2期は小説原作の何巻何章までで何クールで放送されるのかについても予想していきます!

アニメ第2期は小説原作の何巻何章までか

ありふれた職業で世界最強のアニメ第2期はどこまでか考察した内容をもとにすると、小説原作5巻から小説原作の8巻4章まで放送されることになります。

小説原作の8巻の終わりまでとなり非常に区切りも良く、9巻1章からは小説原作では新章の物語が始まり最後の七大迷宮攻略を目指すという盛り上がる場面です。

そのため個人的には、8巻4章まで放送することで続きへの期待も高まると思います。

新章に入るとそのまま最後の第七大迷宮である氷雪洞窟攻略の物語が始まりますので、区切りが良い小説原作の8巻4章まで放送されることを予想しました。

アニメ第2期放送は何クールか考察

『ありふれた職業で世界最強』のアニメ第2期放送は、1クールで放送されるのではないかと考えています。

現時点では『ありふれた職業で世界最強』のアニメ第2期放送が何クールで放送されるのかについて、公式での発表はされていません。

1クールはだいたい全13話としても小説原作の4巻分であれば、『ありふれた職業で世界最強』のアニメ1期と同じ巻数ですし1クールでの放送が可能だと思います。

現在『ありふれた職業で世界最強』の小説原作は本編が11巻まで刊行されていますので、アニメ第2期放送後も最低でも第3期までは放送する可能性があるのではないでしょうか。

ありふれた職業で世界最強のアニメ続編はあるのか?

ここからは、『ありふれた職業で世界最強』のアニメ続編はあるのか、第3期の可能性や続きは小説原作の何巻何章までかも考察していきます!

ありふれた職業で世界最強のアニメ続編・第2期の可能性

前述しましたが、私は『ありふれた職業で世界最強』のアニメ続編・第3期の可能性は非常に高いと考えています。

『ありふれた職業で世界最強』の小説原作4巻までがアニメ第1期で放送し、第2期では8巻まで放送されるのではないかと予想しています。

そのため私が考察したように『ありふれた職業で世界最強』のアニメ第2期で小説原作の8巻4章まで放送された場合、「七大迷宮の攻略はどうなるのか?」「ハジメたちは元の世界に帰れるのか?」などの謎が残ったままになってしまうのです。

そして9巻1章からの氷雪洞窟攻略の物語以降は、最後結末までの重要な物語が詰まっているため、第2期の放送が決定した以上、第3期で物語のラストまで放送されると予想します。

アニメの続きは小説原作の何巻何章までか考察

第2期のアニメの続きである第3期では、小説原作の11巻最終話までが放送されると考えています。

その理由は、残りの小説原作が3冊とこれまでにアニメ化された第1期の小説原作の巻数と第2期で予想している巻数と比較してもちょうどよい冊数だからです。

小説原作9巻以降は物語の最後に向けてとても重要な戦いがありますので、原作の内容を端折らずに丁寧にアニメ化してもらえると良いなと期待してしまいます。

まとめ

この記事では、ありふれた職業で世界最強のアニメ第2期はどこまで放送されて小説原作の何巻何章までなのか、その後続編はあるのかについてもまとめてきました。

  •  『ありふれた職業で世界最強』アニメ第2期はハジメ達がハルツィナ大迷宮から帰還した後日談まで放送されると考察。
  • 上記の場合アニメ第2期は小説原作の8巻4章までとなる。
  • アニメ第2期放送は1クールでの放送を予想。
  • アニメ続編・第3期が放送される可能性は非常に高い。
  • 続きである第3期では小説原作の11巻最終話までが放送されると考察。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント