チェンソーマン早川アキの刀と能力は?呪いの悪魔カースの契約も解説

チェンソーマン

公安対魔特異4課所属のデビルハンターである早川アキ(はやかわあき)は、いつも背中に刀を背負って登場しています。

しかし物語の序盤ではアキがなかなか刀を使用しないため、刀の能力について気になっている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、『チェンソーマン』の早川アキの刀の能力と呪いの悪魔カースとの契約についても解説していきます!

『チェンソーマン』のもっと詳しい情報はこちら↓から!

『チェンソーマン』の記事一覧

【チェンソーマン】早川アキの刀について

まずは、『チェンソーマン』の早川アキの刀について解説していきます!

アキの刀は釘

アキの刀は、刃が釘の形になっている特殊な刀です。

刀を手で握って掴むための部分(柄)が日本刀の柄のようなデザインに見えていたため、アキは日本刀を使うのではと期待していた方もいるかもしれませんね。

アキの刀は釘の形ですのでどちらかというと日本刀というよりは、細身で先端が鋭く尖った刺突用片手剣のレイピアに似た形状をしています。

アキは刀の使用を避けている?

アキが刀を使用するシーンがなかなか登場しないのは、刀の使用をできるだけ避けているためです。

アキがデビルハンターとして戦う際、作中で最初に使用した能力は契約悪魔である狐の悪魔の能力でした。

契約悪魔の能力を使用すると必ず代償が必要となるため、刀という物理攻撃ができるのであればそれを使用しない手はないです。

アキの刀を姫野も使用させたくない

アキが刀を使って攻撃しないことについては、『チェンソーマン』の漫画原作3巻17話の姫野先輩のセリフからアキが刀を使わないようにしていたことが明らかとなります。

そのシーンでアキの方はどうしようもない状況になれば刀を使うことを覚悟している様子ですが、姫の先輩はアキに刀を使わせないように言っていました。

アキが刀の使用を避けている理由は、刀の能力を使用した際の代償が関係していたのです。

アキが刀の能力を使用した時の代償については後述していきます。

【チェンソーマン】早川アキの刀とカースの能力を解説

ここからは、『チェンソーマン』で早川アキの刀とカースの能力、また能力を使用した時の代償について解説していきます!

アキの刀とカースの能力

アキの刀は、使用するとカースの能力を発動させることができます。

カースの能力の発動条件は、アキが対象に「打て!」と言いながら3度刺すことです。

アキが刀で対象を刺す度にカースは「3」からカウントダウンを開始し、「0」になると同時にカースが出現します。

カースの能力は、3度アキの刀で刺された対象を確実に殺すことです。

カースの正体は呪いの悪魔

カースの正体は呪いの悪魔です。

呪いの悪魔はアキの契約悪魔のうちの1体で、アキとの契約では釘状の刀で3度刺した対象を呪い殺す能力を発動させることができますが、その契約内容は契約した人間によって異なります。

作中ではアキと同じく呪いの悪魔と契約しているサンタクロースという人物が登場しますが、サンタクロースの契約では一般的な形状の釘を対象に4回刺すことで対象を呪い殺すという契約でした。

そして呪いの悪魔の能力を使用した時の代償も契約者によって異なるようです。

アキの場合は対象を呪い殺した時点で代償が発生し、サンタクロースの場合は釘を3回刺した時点で代償が発生しており作中では描かれていないものの4回目を刺した後の代償は大きいと考えられます。

【チェンソーマン】アキが呪いの悪魔カースと契約した代償

ここからは、『チェンソーマン』の早川アキが呪いの悪魔と契約した代償について解説していきます!

呪いの悪魔カースの契約の代償は寿命

アキが呪いの悪魔カースとの契約で代償としているのは、アキ自身の寿命です。

カースの能力では対象を確実に殺すことができるという大きな力がある一方で、その代償も大きいということでしょう。

アキはこれまでの悪魔との戦いで刀を使用してカースの能力を何度も発動させていたため、すでに寿命が縮んでいることを姫野先輩は知っていたのです。

そのためこれ以上アキの死が近づくことを避けるために、姫野先輩はできる限りアキに刀を使用させないようにしていたのでした。

アキが刀使用後に宣告された寿命は2年

アキが作中で刀を使用してカースの能力を発動させるのは1回のみです。

アキが刀を使用するシーンは漫画原作3巻24話で、サムライソードとの戦いで姫野先輩が大ケガをして他に打つ手がなくなったためにカースの能力を発動させました。

それによりカースの能力で1度はサムライソードを呪い殺すことに成功したものの、その代償として大幅に寿命を取られたアキは、戦いの後に自分の寿命が2年であることをカースに宣告されてしまうのです。

ちなみにそれ以上寿命を減らすことはできないため、以降アキはカースの代わりに天使の悪魔の能力で生成された日本刀を使用するようになります。

『チェンソーマン』の漫画全巻を最安値で読む方法!
  • 『チェンソーマン』の漫画原作を最初から読んでみたい!
  • アニメの続きが気になる!

そんな方におすすめの電子書籍サービスをこちら↓でご紹介しています!

<<『チェンソーマン』の漫画全巻を最安値で読む方法!>>

おすすめは「好きなマンガどれでも100冊まで40%OFF」クーポンがもらえるAmebaマンガです!

<今すぐ最安値で読む場合はこちら!>

まとめ

この記事では、『チェンソーマン』の早川アキの刀とカースの能力や呪いの悪魔の契約についても解説してきました。

  • アキの刀の形状は釘。
  • アキが刀の使用を避けていて姫野も刀を使わせないようにしている理由は代償がアキの寿命だから。
  • アキの刀で対象を3度刺すことでカースの能力で対象を確実に呪い殺すことができる。
  • カースの正体は呪いの悪魔。
  • アキが呪いの悪魔カースとの契約で代償としているのはアキ自身の寿命。
  • 作中でカースの能力発動によりアキの寿命は2年となった。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント