魔女と野獣つまらないし面白くない?難しいしわからない理由と評価・感想も

魔女と野獣

『魔女と野獣』では、「つまらない」「面白くない」と感じている、読者のネガティブな意見もあるようです。

なぜそのように感じてしまうのか、その理由について序盤のつまらなさ、主人公ギドの魅力、美麗な絵柄と戦闘シーンの見どころ、そして作品の難解な設定が読者にどのような印象を与えているのかに迫ります。

『魔女と野獣』の序盤の物語を物足りなく感じる方も、その先に広がる物語の奥深さに驚かれることでしょう。

この記事では、『魔女と野獣』はつまらないし面白くないのか、難しいしわからない理由と評価・感想についてもまとめていきます!

『魔女と野獣』の詳しい情報はこちら

※こちらの記事はネタバレを含む可能性があります。

【魔女と野獣】つまらないし面白くない?

まずは、『魔女と野獣』はつまらないし面白くないのかについて解説していきます!

序盤・漫画原作1巻はつまらない

『魔女と野獣』について、物語の序盤である漫画原作1巻はつまらないという意見がありました。

その理由として考えられるのは、物語のスタートが徐々に進むため、アクションや緊張感が少なく感じられることがある点です。

また、登場人物たちの背景や関係性の描写が時間をかけて行われるため、初めての読者には『魔女と野獣』という物語がわからないと感じてしまう部分が多いかもしれません。

しかし、序盤が重要なのは物語全体を理解し、感動を共有する上での礎となるからです。

登場人物たちの心情や物語の背後に潜む謎が徐々に解き明かされる過程こそが、読者に深い愛着を与えます。

主人公が好きになれなくて面白くない

『魔女と野獣』が面白くないといわれる理由のひとつは、主人公のギドが好きになれないというものです。

読者が感じる主人公ギドに対する好みの違いは、作品の受け入れに影響を与えているようで、主人公に感情移入することができないと物語全体の没入感が減少してしまうことがあります。

ただ、『魔女と野獣』という作品全体については好意的な意見もあることから、作品の魅力はキャラクターだけでなく、世界や設定にも深く関係しているのです。

『魔女と野獣』が面白くないと感じることは、個人の好みや感性の違いに起因するものかもしれません。

一方で、好みの違いがあっても設定の魅力が引き立つことで、一部の読者には魅力的な要素が存分に詰まっている可能性があります。

戦闘シーンがつまらない

戦闘シーンは『魔女と野獣』において重要な要素ですが、戦闘シーンがつまらないと感じている方もいるようです。

戦闘シーンは、本来その描写が読者に臨場感と興奮をもたらすはずですが、それを感じることができないとつまらないと感じてしまうのかもしれません。

一つの問題点は、戦闘シーンの絵がつまらないと感じさせる見えづらさです。

戦闘シーンは漫画での表現が難しい部分であると思いますが、何が起こっているのかが明確でないと、読者は戦闘の進行やキャラクターたちの状態を理解しにくくなります。

これが戦闘シーンがつまらないと感じられる要因の一つです。

また、『魔女と野獣』の戦闘シーンにおいて、人物が敵か味方かがわからない・わかりにくいという意見もあります。

戦闘シーンでは迅速なキャラクターの識別が必要であり、それが難しい場合、読者は戦局の把握に苦しむことになるため、戦闘のドラマが伝わりにくくなりそれがつまらないと感じられる要因になってしまうこともあるのかもしれません。

話は面白くないけど絵は綺麗

『魔女と野獣』の話は面白くないけど絵は綺麗との意見もありました。

作品において、話と絵は表現手段として同等に重要ですが、時にどちらかが際立つことがあります。

まず、絵が綺麗であることは読者に視覚的な魅力を提供するため、キャラクターのデザインや背景の美しさが読者を作品の世界に引き込む要因となるものです。

美しい絵柄は、物語の表現力を豊かにし読者にとって没入感を高めるため、キャラクターたちの感情や状況が、絵を通じて効果的に伝えられ話に感情移入しやすくなります。

『魔女と野獣』の話が面白くないと感じる一方で絵が綺麗だと感じる読者がいることは、物語全体のバランスに良い影響をもたらすことは間違いありません。

絵が豊かな表現を持つことで、時には話に集中できない瞬間でも美しい絵柄が読者を引き留め、全体的な楽しみを提供してくれます。

【魔女と野獣】難しいしわからない理由を考察

ここからは、『魔女と野獣』が難しいしわからないといわれる理由について考察していきます!

設定が難しいから話がわからない

『魔女と野獣』はその独自の設定が魅力の一つですが、一部の読者にとっては理解が難しく、話がわからないと感じることがあります。

『魔女と野獣』が話が難しいと感じられる一因は、作品が独自の世界観と設定を有しているからです。

魔法、異世界、キャラクターたちの背景などが複雑に絡み合い、初めての読者にとっては理解しにくい要素が多いことが挙げられます。

特にファンタジー作品において、新しい用語や概念の導入は読者にとって一層わからないように映るものです。

一方で、この複雑な設定が作品の奥深さを形成し、異なる世界や魔法が物語に織り交ぜられることで読者は新たな冒険に挑戦し、物語の核心に迫ることを楽しめる要素でもあるのです。

設定の難しさは、同時に作品の魅力でもあり、わからない点においても理解していくことで一層『魔女と野獣』を楽しむことができます。

話が難しいダークファンタジー

『魔女と野獣』はダークファンタジーの要素を含んだ作品であり、その難解な要素が一部の読者にとって話が難しいしわからないと感じさせることがあるようです。

ダークファンタジーは、通常のファンタジーと比べてより陰鬱で複雑な世界観を持っており、魔法や異世界の存在だけでなく、善悪の境界線が曖昧で登場人物たちの心理描写が深く描かれていることがあります。

物語が複雑な構造を有している作品では、登場人物の関係性や背景、物語の進行が複層的であるため、一部の読者にとっては理解が難しいと感じられることがあるのです。

また、ダークファンタジーにおいては、登場人物たちが抱える複雑な感情やモラルな選択が重要な要素となり、これが一部の読者にとって感情移入が難しい原因となることで物語の理解にわかりずらさを感じてしまうのかもしれません。

【魔女と野獣】みんなの評価・感想

ここからは、『魔女と野獣』のみんなの評価や感想についてまとめていきます!

つまらない・面白くない低評価な感想

『魔女と野獣』の特定のエピソードにおいて、面白くないと感じた方もいるようです。

しかし、こちらの意見では話は面白くないと感じているものの、作品の絵も対しては高評価しています。

こちらの方は、『魔女と野獣』の漫画原作4巻まで読んで一度は面白くないと低評価していたものの、読み進めていく中で「面白い」「大好き」と考えが変わったようです

やはり『魔女と野獣』の序盤は面白くない・つまらないと感じる方は多いのかもしれません。

でもそのようなネガティブな感想をもっていた方でも、読み進めていくうちに「面白い」と感じています。

面白いなど高評価な感想

『魔女と野獣』のダークファンタジーという要素に魅力を感じて、高評価する意見もありました。

その複雑な設定から、読者を何度でも読み返したいという気分にさせるのかもしれません。

絵が綺麗な点は、『魔女と野獣』で高評価している方が非常に多いです。

物語が難しい・わかりにくいと感じても、絵の綺麗さが読者に魅力を与えていることは間違いないでしょう。

こちらの方は、『魔女と野獣』の作品全体を高評価しています。

もともとダークファンタジーに触れる機会の多い方にとてっては、難しい設定やわかりにくいストーリーもそれほど難しいとは感じないのかもしれませんね。

【魔女と野獣】ebookjapanで70%割引で読める

こちら↓の記事では、『魔女と野獣』を安く読める電子書籍サービスをご紹介しています。
魔女と野獣の漫画全巻を安く読む方法!電子書籍70%割引で安いおすすめも

ebookjapanは、70%クーポンを利用して最大3,000円割引で安くお得に漫画を読めるのでおすすめです!

▼ 70%OFFクーポンをもらう!▼

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

まとめ

『魔女と野獣』はつまらないし面白くないのか、難しいしわからない理由と評価・感想についてもまとめてきました。

  • 序盤・漫画原作1巻はつまらない
    • 物語のスタートが徐々に進むため、アクションや緊張感が少なく感じられる。
    • 登場人物たちの背景や関係性の描写が時間をかけて行われるため、初めての読者には理解しづらい。
  • 主人公が好きになれなくて面白くない
    • 主人公ギドに対する好みの違いが、作品の受け入れに影響を与えている。
    • 個人の好みや感性の違いにより、一部の読者には魅力的な要素が存分に詰まっている可能性がある。
  • 戦闘シーンがつまらない
    • 戦闘シーンの絵がつまらないと感じさせる見えづらさがあり、何が起こっているのかがわかりにくい。
    • 人物が敵か味方かがわからない・わかりにくいという意見がある。
  • 話は面白くないけど絵は綺麗
    • 話が面白くないと感じる一方で、絵が綺麗だと感じる読者がいる。
    • 美しい絵柄は、物語の表現力を豊かにし、読者に没入感を高める。
  • 設定が難しいから話がわからない
    • 『魔女と野獣』の独自の世界観と設定が理解しにくく、話がわからないと感じる一因。
    • 複雑な設定が作品の奥深さを形成し、理解していくことで作品を楽しむことができる。
  • 話が難しいダークファンタジー
    • ダークファンタジーの要素が作品に含まれており、その難解な要素が一部の読者に話が難しいと感じさせる。
    • 善悪の境界線が曖昧で、登場人物たちの心理描写が深く描かれていることが難解さの原因。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

魔女と野獣
鈴(すず)をフォローする
鈴のごちゃまぜブログ

コメント